マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

緊急トレード【横浜DeNA】白崎・髙城 ⇔ 【オリックス】伊藤(光)・赤間

オリックスの伊藤光捕手、赤間謙投手とDeNAの高城俊人捕手、白崎浩之内野手の2対2の交換トレードが成立し、9日、両球団から発表された。


 打てる捕手を探していたDeNAと内野手の強化を目指していたオリックスの思惑が一致した。


 オリックス・長村裕之球団本部長は「白崎は一、三塁を守り、力強いスイングをする思いきりのいい右打者。捕手はほかのポジションでまかなうことができないので、高城に来てもらうことにした」と話した。


 伊藤は2007年のドラフト3位でオリックスに入団。通算703試合で打率・239、17本塁打、175打点。2014年にはベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得した。


 赤間は2015年のドラフト9位でオリックスに入団。通算31試合1勝1敗1ホールド。


 白崎は2012年のドラフト1位でDeNAに入団。通算355試合で打率・219、13本塁打、37打点。


 高城は2011年のドラフト2位でDeNAに入団。通算312試合、打率・170、1本塁打、33打点。


 白崎は背番号2、高城の背番号は22に決まった。

以上 2018.7.9 デイリースポーツオンラインより記事を引用しました。


いやあ、ビックリしたなー。


最初はウソだろ?と思いましたが、ベイスターズ公式HPにも、談話が発表されて
います。


バファローズへ移籍される、白崎・髙城両選手には、新天地でも頑張ってほしい
と思うし、ベイスターズへ移籍してくる伊藤・赤間両選手は、活躍を期待しながら
応援したいという気持ちはありますが、急な話でしたのでファンの立場からすると
かなり複雑な心境です。6,7年在籍した選手が居なくなるのは辛いものがある。
一軍に帯同し、マスクを被る機会も多かった髙城を放出していいものかどうか・・。


既にご承知の方もいらっしゃると思いますが、記録という意味合いも含めて
記事にアップさせて頂きました。


(了)