マルハ大洋スポーツ

                       
                       

そとだ壱閒のバンゲリング☆BAY(2018.7.12)

オールスターブレイク

きのうの試合をもちまして、ベイスターズの前半戦は終了でございました。
借金4でBクラスでの折り返しですが、カープ以外の5球団は似たり寄ったりの
星勘定ですから、特に問題ないです。ベイスターズは主力に故障者も出ましたし、
ベストメンバーで戦えない状況も続きましたので、勝率5割に満たなかったのも
仕方がないと思います。去年よりも劇的な試合は少なかったですが、まああれは、
去年がドラマチック過ぎる。
今年は東、楠本、佐野、神里など若手の台頭もあり、山下幸輝のサヨナラタイムリー
あったり、試合自体は希望が持てるというか、面白く見られました。これ勝ち負け
より重要とまでは言わないけど、やはり勝敗拘らず、ベイスターズは純粋に試合を
見ているだけで楽しい球団であります。
それから現地観戦は、当ブログ読者様のご厚意によりまして、5月30日のイーグルス戦
(横浜)同伴観戦予定でしたが、大雨で中止になりました(笑)


そして現状、セリーグは熾烈なAクラス争いがこれから先見られそうなので、こちらも
楽しみですね。7月・8月は「ベイのぼりの季節」になることを期待しています。


来週から後半戦スタートは、怒涛の本拠地横浜6連戦(ヤクルト、阪神)
ですので、当ブログでも全6試合完全カバーでお届け致します。それまでのオールスター
期間中は試合がありませんので、例のごとくくだらない記事で埋め合わせて参ります。



不定期連載 なつかしのチケット半券企画記事

2007年7月13日 巨人ー広島(東京ドーム)


これ当時、本社社員で筆者と仕事上接点のあったK氏が、取引先からチケット
もらったから行かないと誘いを受けて行ったんだった。
2007年7月というと筆者は病気入院から職場復帰してひと月くらいで、負担の
かからない経理の手伝いみたいな仕事をしていたから、ほぼ定時に帰れて、
野球も気軽に見に行ける環境下にありました。


試合展開忘れましたが、試合時間が2時間ちょっとで終わって巨人が勝った。


で筆者はビールのオツマミとして、ヤキトリの缶詰1缶を、入場ゲート手荷物検査
に引っかからないよう、紙袋に包んで持参したんだけど、球場内座席について
いざ食べようと缶を開けて、どうしたわけか筆者はバカだから、フタを開けた
ヤキトリ缶を不安定なヒザの上に載せてしまい、一口も食わないまんま、下の
通路に落っことしてしまいました。


筆者は「ンー!」
と叫んだような気がするけど、もとに戻るわけない。同伴のK氏は「こんなことも
あるよ!ガハハハハハハー!」と何気に楽しそうだったのは謎であるな。
まあ幸いにして、ヤキトリ缶を落とした際に、自分や同伴者のスーツやバッグを
汚さないで済んだので別にいいですが。


あとは何かあったかなー。
カープには栗原が健在で、3塁側だったからカープファンが
「トントン 栗原! トントン 栗原!」って応援しているのが居た。
まだ広島市民をホームにしていた時代だから、今より東京ドームのカープファンは
少なかったと思う。が、それなりの密度ではあったかな。
そしてどういうわけか、同伴のK氏が「栗原の応援歌って(激安店の店舗内で流れる)
ドンキホーテの歌に似ていない?」と言ってきたから「全然似てねえ!」と返事したの
覚えている。


そしてFAで阪神に移籍する前の新井が4番を打っていて、新井が打席に入るのを
見たK氏が、「新井って随分とバッターボックスの後ろに立つんだねー、これ試合
終わったらバッティングセンターで実践してみたい」言うから、野球観戦後は
東京ドーム近くのビル内にあるバッティングセンターへ直行。今は無くなった
「バーチャルスポーツプラダ打撃王」というところですよ。


んでもって、K氏は職場内の草野球サークルに入っていて、実戦経験あるから、
バッセンでも綺麗なフォームで打っていた。
しかしですね、筆者がバッティングセンター行くのは、中学校以来で実に17,8年
くらいのブランクあったから、筆者は全然打てん。一番遅い90kmくらいのケージに
入り、20球全部空振りという「前代未聞」の大失態をやらかしました。そんな奴、
筆者だけじゃねえの? 別に恥ずかしくは無かったが、次に順番を待っていたと
思しきグループの連中が、きょとんとした顔で見ていたのは止めれ!と思った。


その後しばらくのあいだ、20球連続空振りの件は、職場内でK氏にネタにされたん
だったな。あっちこっち言いふらすんだから、とんでもない野郎である。


(了)