マルハ大洋スポーツ(ストーブリーグ突入版)

                       
                       
                       

2017年 横浜DeNAベイスターズ試合後レビュー記事執筆方針


あと2週間ほどでプロ野球が開幕致しますが、今年も去年同様に「ひきこもりデータ
分析班」の筆頭責任者として、ベイスターズ試合後レビュー記事を書きまくりたい
と思っています。
今年もTVKテレビでは、33試合の中継が予定されていて、BS-TBSの放映分も
含めれば、主催試合のテレビ観戦は充実したものとなりそうです。
あとは甲子園の阪神戦はNHK-BS、東京ドームの巨人戦はBS日テレでカバー
されるでしょうからビジターの試合も目にする機会は多いかも知れません。
ナゴヤとマツダの試合はまあ、諦めます。今年の交流戦でのビジター試合は、
札幌、メットライフ、Koboパークなので、その中から東北楽天戦と埼玉西武戦が
見られると凄いうれしいのですが。BS11でやらないかな。


さて、試合後レビュー記事ですが、文章の形を「です。ます。」調に戻します。
私が書いた過去記事をいくつか見るに、「です、ます」調で書いた方が、
きれいにまとまっている感じがするので。
ある時期から、新聞記事のような硬質な文章を書きたいと思い「だ。である。」
調で書いてもみましたが、どうもグダグダ感が出ているというか、うまくまとまって
いない印象が残ります。


しかし、自分の過去記事を見てみると、随分とバカなことを書いておりますな。
特に交流戦の時期、負けが込んでいたのもあるでしょうが、ボロクソ書き過ぎだわ。
今年は勝敗にかかわらず、ああいう風にベイスターズをディスるようなことは
書きません。公平・中立・冷静を是とします。たぶん。



今年はもう少し文章のバージョンアップを図りたいところ。
題材がスポーツなので、爽快なものを目指していきたいですが、こればかりは筆者の
力量次第なので、まあ、頑張ります。とにかく去年よりはいい記事を書けるように
鋭意努力致します。



(了)