マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.5.13 DB × S (8回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(8回戦) 横浜スタジアム 13:00

先発:(DB)京山 (S)小川
スコア:DB 10-3 S (7回裏途中降雨コールド)


(責任投手)
勝:三上(1勝0敗)
敗:小川(0勝1敗)
S:


(バッテリー)
S:小川、山本、中澤ー中村
DB:京山、砂田、三上ー嶺井


(本塁打)
S:
DB:宮﨑5号②(1回:小川) ロペス11号②(3回:小川) 柴田1号②(5回:山本)


(スターティングメンバー)


  【 Swallows 】     【 BayStars 】
(二)山田(哲)   (中)神里
(三)川端      (右)ソト
(中)青木      (左)筒香
(左)バレンティン  (一)ロペス
(一)坂口      (三)宮﨑
(遊)西浦      (二)宮本
(右)雄平      (捕)嶺井
(捕)中村      (投)京山
(投)小川      (遊)大和



試合の概況

降りしきる雨の中行われた今回のゲームも先制点を奪ったのはヤクルト。
初回、DeNA先発・京山の不安定な立ち上がりに乗じる形で、先頭の山田(哲)から
3番・青木まで3連続四球を選んで無死満塁の好機を得て、バレンティンの左前2点適
時打、雄平の左犠飛で3点を先取。
一方のDeNAも初回から反撃に転じ、今季初登板となったヤクルト・小川の制球難に
付けこむ格好で、先頭の神里が四球、ソトの右安打で築いた無死一二塁の好機から、
筒香の右前適時打、宮﨑の2点本塁打で同点。以降は3回にロペスの2点本塁打、
5回に柴田の2点本塁打で突き放しながら、7回には田中(浩)の適時打、神里の
右中間突破の2点適時打でダメ押し。合計10得点としたところで、天候とグラウンド
不良による降雨コールドゲームとなりDeNAが勝利を納めて連敗を2でストップ。
ヤクルトはいい形で先制し、3回にも無死満塁の好機を得ながら後続が倒れて追加点を
奪えなかったのが敗戦につながった。



5回に2点本塁打を放つ、柴田 竜拓 選手
(※画像は2018.5.13付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)



試合の感想

3回途中あたりから降り出した雨が結構な大雨でしたね。去年のCSをなんとなく
思いだしてしまいましたが、さすがにそこまで酷い状態ではなくても、土の部分は
かなりぬかるんでいましたので、5回表終了時点でコールドになると思いました。
しかしその時点では、ベイスターズも2点リードしていたに過ぎないので、悪天候でも
続行は已む無しですかね。


先発の京山が山田哲人から3連続四球を出して、バレンティンに2点適時打を打たれた
時と、3回表に無死満塁のピンチを招いた時は「今日も負けてしまうのか」と嫌な
思考にとらわれてしまいました。スワローズ先発の小川も、故障明けで今季初先発
でしたが、まだ本来の状態に戻っていないのか、制球難もあって初回にベイスターズが
すぐに追いつけたのが大きかった。3回表、無死満塁のピンチを京山が無失点で切り抜けてから、その裏にロペスの2ランで勝ち越して、いい流れに持っていけました。
最初はかなりヤバい展開になりかけましたが、とにかく勝ててホッとしております。



ベイスターズ先発 京山 将弥 投手

(※画像は2018.5.13付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)


4回1/3 106球 被安打4 被本塁打0 与四死球7 奪三振4 自責点3


初回は山田(哲)から3者連続の四球を与えましたが、ヤクルト打線は1番から7番まで
嫌な打者が並んでいるので、甘いコースへは投げられないという意識が強く出ました
かね。スライダーとチェンジアップの制球が全く定まっていませんでした。
無死満塁からバレンティンに打たれた左前2点適時打は、初球、甘くなったスライダー。
5番坂口の捕邪飛は、2-2からインコースのスライダー、厳しいボールではなく打ち損じに助けられた感あり。6番西浦には四球で、7番雄平が初球を叩いて左犠飛。これであっさりと3点を献上。


2回の投球は無難に切り抜けましたが、3回表に再び連打と四球で無死満塁のピンチを
招きます。この時点で筆者はヤクルトが無得点に終わるわけがなく、大量得点で試合
ぶち壊しを想像してしまいましたが、ここからの京山の投球が見事でして、6番西浦を
空振り三振に取ったツーシームはいいボールでした。滅多に投げない球種をここで
用いたバッテリーの度胸に感心しました。7番雄平には6球目を遊飛に打ち取りますが、
スライダーが高めに抜けた球で、危ないといえば危なかったが、結果オーライで宜し。
8番中村は3球目を三ゴロに仕留めて、絶体絶命のピンチを無得点に切り抜けました。


この無死満塁を抑え切ったことは、今後の成長につながっていくでしょうね。
いつものように落ち着いた表情で、粘り強く投げたと思います。
折角味方の援護もあったので、5回までは投げ切って欲しかったところではありますが、
その5回も四球を二つ与えてしまいましたから、勝利投手の権利関係なく、交代も
仕方がなかったでしょう。


京山に関しては、ボール自体は非常にいいものを持っているので、あとは変化球の
制球力を高めて行くのが課題ですね。あとはストレートの球速も146km程度は投げられ
る力が欲しいところ。この点はプロ初登板の時から徐々に良くなっている風にも見えな
いので、是正にはもうしばらく時間がかかるかも知れませんが、右の先発として期待の
大きい選手だけに、着実な成長を遂げて欲しいと願っております。


(了)