無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.5.17 T × DB (7回戦:甲子園)

阪神 × 横浜DeNA(7回戦) 阪神甲子園球場 18:00

先発:(T)秋山 (DB)平良
スコア:T 3-6 DB


(責任投手)
勝:平良(1勝0敗)
敗:秋山(3勝4敗)
S:山﨑(0勝1敗10S)


(バッテリー)
DB:平良、エスコバー、井納、砂田、パットン、山﨑ー嶺井
T:秋山、藤川、マテオ、尾仲、岩崎ー梅野、原口


(本塁打)
DB:宮﨑6号(4回:秋山)ロペス12号②(5回:秋山)13号(9回:岩崎)
T:福留3号(4回:平良)


(スターティングメンバー)


  【BayStars】         【 Tigers 】
(中)桑原      (中)髙山
(右)ソト      (遊)植田
(一)ロペス     (右)糸井
(左)筒香      (左)福留
(三)宮﨑      (一)ロサリオ
(二)倉本      (三)糸原
(捕)嶺井      (二)板山
(投)平良      (捕)梅野
(遊)大和      (投)秋山


視聴局:NHK-BS1


4回表、先制の6号ソロ本塁打を放つ宮﨑
※画像は2018.5.17付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

1-1の同点で迎えた5回表、DeNAは大和の二塁打のあと、ソトの適時二塁打、ロペスの
2点本塁打で勝ち越し。阪神は7回裏に敵失と二つの四球で一死満塁の好機を築き、
代打・原口の適時打と代打・俊介の押し出し四球で2点を返すが反撃はそこまで。
9回にもロペスのソロ本塁打で追加点を挙げたDeNAが逃げ切り勝利を収め勝率5割
復帰で3位浮上。



試合の感想?というよりタイガース秋山投手に関する話題

過去の記事でも述べたかも知れませんが、筆者はタイガース・秋山投手のファンなので、
秋山の投球内容も楽しみにしていた今回の1戦です。従って、秋山投手の視点から
試合を振り返ってみますが、ボール自体は4失点という結果ほど悪くなかったと思い
ます。ストレート、カットボール、スライダー、フォークと高めに抜けるような球は
ほとんどなく、低めのいいところには投げ込めていたと思います。


ただ、唯一良くなかったのがカーブで、これは初回、2番・ソトの初球に投げたカーブが、ストライクだったけど甘い球。4回には嶺井に死球を与えましたが、カーブの抜け
たやつですよ。今日の秋山に関しては、肝心な場面でカーブを投げてはいけなかった。
にも拘らず、5回表・一死二塁の場面で迎え、打撃絶好調のロペスに対し、2球目に
カーブを投げて甘いコースに行ってしまい2点本塁打にされた。完全にタイガース
バッテリーの配球に問題ありです。この回先頭の大和に打たれたレフトへの二塁打も
カーブだったな。


今日の秋山ー梅野のバッテリーは、同じ球、同じコースを何度も続けるケースが散見
されました。4回表の倉本に対しては、3球続けてフォークを投げて空振り三振。
これは良かった。しかし、5回表、一死二塁の場面で迎えたソトに対し、3球続けて
インコースのさほど厳しいゾーンではない所へボールを投げ込んで適時打を打たれた
のは、やはり、配球の組み立てとして首を傾げざるを得ない。
ソトはホームベースから大分離れた位置で打席に立っているから、インコースに
苦手意識がある打者なのは確かであり、インコースを立て続けに攻めるのは間違い
ではないと思いますが、投げるなら1-2球胸元の厳しいところへ行かないと。
制球力に定評のある秋山なら出来るはず。そして最後は外角のカットなり、スライダー
で引っ掛けさせるパターン。そういう組み立てが必要でした。


あとこれは筆者の完全な思い込みかも知れませんが、去年から秋山投手をベイスターズ
戦に限らず、映像でチェック出来る際は見てきたのだけれど、なんとなく、勝負ごとの
貪欲さに欠けるというか、「何が何でも勝つ!」みたいなガツガツしたところがない。
逃げずに淡々とストレート勝負を挑んで、潔く散ってしまう印象がある。
これが秋山の魅力でもあるんだけど、投打ともに凄いポテンシャルがありながら、
今一つ伸びきれない点がそこかなと。いつも勿体ないなーと思いながら見ています。



ベイスターズ先発 平良 拳太郎 投手

※画像は2018.5.17付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


5回1/3 78球 被安打4 被本塁打1 奪三振6 与四球1 自責点1


筆者が平良を見るのは、去年の交流戦(対埼玉西武)で先発して以来。
去年はちょうど今頃の時期に、ドラゴンズ戦で先発してプロ初勝利をあげました。
その後は確か、広島戦、福岡ソフトバンク戦、埼玉西武戦と合計で4試合に先発したと
記憶していますが、中日戦以外は、コントロールに苦しみ、序盤で試合を壊してしまう
結果に終わりました。ですので、今日の先発も制球の面で懸念をしておりましたが、
想定をいい意味で裏切ってくれた投球内容でした。


ストレートは最速で146km、去年よりも球速が増した感がありましたし、スライダー、
シンカー系の変化球も低めに集まっていました。全投球数78球のうち、甘いボールは
4回に福留に打たれたスライダーくらい。6回は植田に中安打を打たれ、糸井にストレ
ートの四球を出した段階で交代を告げられましたが、ここまでが限界だったかな。
6回終了、100球程度までは粘って投げて欲しかったですが、今季初先発で良く投げた
と思います。今回の先発をもって、抹消されるのかどうか分かりませんけど、来週の
中日戦で先発する機会があれば、その投球が楽しみです。


(了)