マルハ大洋スポーツ

(原則日刊)2016年3月15日 第3種郵便物認可

2017年 横浜DeNAベイスターズ 開幕一軍メンバーを予想してみた。


本日(3/19)のオープン戦、横浜DeNA × 福岡ソフトバンク(横浜)は、8回に相手の
ジェンセン選手のエラーをきっかけに何とかドローに追いついたようで。
ホークスのジェンセンって、本職はファーストのはずですが、今日はなぜかライトを
守っていたようですねえ。今日は風が強かったので、本職の外野手でないと、
横浜スタジアムの外野守備は厳しいと思います。
あと、ベイスターズの打線で言えば、ホークスの先発、東浜からチャンスが結構
あったにもかかわらず、もう一本が出ない展開だったみたいですが、そろそろ
繋がりのある攻撃が見られても良さそうな時期ではあります。


さて表題にあるとおり、2017年の横浜DeNAベイスターズ開幕一軍入りメンバーを
予想しました。予想したメンバーを紙に書き出しましたので、その画像をアップします。
わざわざ書き出すのは毎年やっていることで、特に意味はないのですが、一種の
ゲン担ぎみたいなものです。


(内訳 野手15名 投手13名)

まず、スターティングメンバーはこんな感じじゃないでしょうか。
打順の並びで言えば、6番:倉本、7番:宮﨑の入れ替えはあると思います。
梶谷の起用法ですが、1番は本人も大嫌いと公言しているだけあって、100%ない
でしょう。2番も今年はラミレス監督が、つないでいく野球を推進する旨を明言して
おりますので、たぶん打たせない。よって3番が理想的かと思われます。



控えの野手陣はこんな感じです。左打ちが多いですが、ポジションごとのバランスを
考えるとこうならざるを得ません。下園、後藤武敏らのベテラン勢はシーズン当初は
ファームスタートになるでしょう。最初はやはり若い選手を中心に起用していく
べきです。
その中でも、ドラフト9位入団のルーキー、佐野 恵太選手には注目です。
オープン戦でもいい打撃をみせているようなので。
岡山出身で、伯父は南海ホークスで活躍した、佐々木 誠さんです。
三拍子そろった核弾頭の血筋を引いているでしょうから、成長が楽しみですね。
というか筆者としては、今年1番の一押しプレヤーです。
1軍での活躍を期待しましょう。



投手は13名でこんな感じです。
新外国人のクラインですが、オープン戦の先発登板が今一つの出来です。
しかし先発陣を6名揃えるとなると、熊原や久保康、平良の状態が上がってこない以上、
開幕当初のローテーションに加えざるを得ないと思います。


あとは、中継ぎ、セットアッパー、クローザーは表のとおりの人選。
オープン戦では、平田や高崎の投球内容がかなりいいので、1軍枠に入れるかどうかで
悩みましたが、ここはルーキーの進藤に期待を込めました。
いずれにしましても、投手に関してはシーズン中、1・2軍の入れ替えが激しくなると
思われますので、平田や高崎にも1軍での登板機会はあるはずです。
その際に、期待通りの活躍ができれば文句なし。他にも藤岡や小杉、大原、野川も
いますからね。だいぶ投手陣も層が厚くなったなあと実感致します。


ということで、戦力的にもズバリ言ってしまいましょう。優勝したい!です。
大洋から横浜ベイスターズになったのが1993年。1998年の優勝がベイスターズに
なって6年目です。今年は2012年に横浜DeNAベイスターズになってから6年目の
シーズン。なんか吉兆めいたことが巡ってきそうな気が・・・・。
頑張れ!みんなのベイスターズ!


(了)






2017年 横浜DeNAベイスターズ試合後レビュー記事執筆方針


あと2週間ほどでプロ野球が開幕致しますが、今年も去年同様に「ひきこもりデータ
分析班」の筆頭責任者として、ベイスターズ試合後レビュー記事を書きまくりたい
と思っています。
今年もTVKテレビでは、33試合の中継が予定されていて、BS-TBSの放映分も
含めれば、主催試合のテレビ観戦は充実したものとなりそうです。
あとは甲子園の阪神戦はNHK-BS、東京ドームの巨人戦はBS日テレでカバー
されるでしょうからビジターの試合も目にする機会は多いかも知れません。
ナゴヤとマツダの試合はまあ、諦めます。今年の交流戦でのビジター試合は、
札幌、メットライフ、Koboパークなので、その中から東北楽天戦と埼玉西武戦が
見られると凄いうれしいのですが。BS11でやらないかな。


さて、試合後レビュー記事ですが、文章の形を「です。ます。」調に戻します。
私が書いた過去記事をいくつか見るに、「です、ます」調で書いた方が、
きれいにまとまっている感じがするので。
ある時期から、新聞記事のような硬質な文章を書きたいと思い「だ。である。」
調で書いてもみましたが、どうもグダグダ感が出ているというか、うまくまとまって
いない印象が残ります。


しかし、自分の過去記事を見てみると、随分とバカなことを書いておりますな。
特に交流戦の時期、負けが込んでいたのもあるでしょうが、ボロクソ書き過ぎだわ。
今年は勝敗にかかわらず、ああいう風にベイスターズをディスるようなことは
書きません。公平・中立・冷静を是とします。たぶん。



今年はもう少し文章のバージョンアップを図りたいところ。
題材がスポーツなので、爽快なものを目指していきたいですが、こればかりは筆者の
力量次第なので、まあ、頑張ります。とにかく去年よりはいい記事を書けるように
鋭意努力致します。



(了)







横浜スタジアム増改築計画案

2日前の報道でもありましたとおり、横浜DeNAベイスターズおよび横浜スタジアムは、
約85億円をかけて、現状30,000人の収容人員を35,000人へ増やすための改修計画を
進めていくようです。


一つ疑問に思うのは、敷地内が横浜公園内なので、球場の増改修にあたって、
都市公園法や消防法の規定に抵触しないかということ。
横浜市が建築の許可を下せば着工することができるのでしょうかね。
法的な部分での問題が解消されるかどうか注目ですが、いずれにせよ、現状の30,000人の収容人員では明らかに足りない状況ですので、改修は避けて通れない課題だと
思っています。ファンの一人としては、この案件が何の懸念も無くスムーズに進捗
されることを願っています。


※画像:横浜DeNAベイスターズ公式HPからパクリました。

完成予想図 ブルーを基調とした色彩感がキレイですね
このままグルグル回ってUFOみたいに空を飛んでいきそうな形ではありますが。



横浜の夜景を見ながら野球観戦なんてオサレですな。
小2病にしてロマンチストでは全くない筆者は、試合に敗戦した場合の腹いせに
持参したマルハのちくわをここから思いっきり放り投げることしか想像していません。
というか、一度やってみたいわ。



こんなVIPルームで野球観戦なんか夢のまた夢ですな。


さすがに85億円かけるだけはあります。そのお金はDeNA本社が、いんちき
キュレーションサイト運営でぼろ儲けした金なのかは知りませんが、
まあ何と言いますか、非常にかっこいい球場へと変貌しそうな雰囲気が出ているので
完成を楽しみに待ちたいと思います。
この頃には監督も三浦番長なら最高ですね。


(了)





2017年 横浜DeNAベイスターズ新応援歌についてもの申させろ!

2017年 横浜DeNAベイスターズ 新応援歌についてもの申させろ!


2017年の横浜DeNAベイスターズの新応援歌が、Youtubeにアップされてあります。
(当記事には載せませんでしたが、ご興味のある方はYoutubeで
 「横浜DeNAベイスターズ 2017年新応援歌」で検索してみてください。)


対象は
・All in One
・戸柱 恭孝
・田中 浩康
・宮﨑 敏郎
・アウディ・シリアコ   


一通り視聴しましたがね、申し訳ないがどれも筆者の好みではないです。
私は音楽にはかなりうるさい人間ですので、あながち誤った評価ではないと
確信しています。どうしてこうもセンスのない曲をつくるんだろ。


最悪なのは、シリアコの応援歌が、バルディリスの応援歌の流用であること。
これファンの間では名曲らしいが、筆者は大嫌いな曲である。即撤回を!


もう一度言いますが


旧バルディリスの応援歌は大嫌いです。速攻撤回願います。
byマルハ大洋スポーツ論説主幹


どうせなら、ブラッグスの応援歌を流用したらいかがでしょうかね。
こっちのほうが5000000000倍まし。



横浜ベイスターズ ブラッグスのテーマ


こんなことをここで記載しても仕方がないことなのだが。
しかし生粋のマルハ族である筆者としては、断固として苦言を呈さねば
ならぬ事態である。


ついてはシリアコ選手が、ロマック状態とならんことを切に願います。
まあシーズン入ったらサッパリ打てんだろ。オープン戦好調ですが。
それよりも先発の頭数を揃える方が先決。ウィーランド、クライン、パットンの
3外国人で投手枠を埋めた方が良い。野手はロペスのみで可。


さて、私が一番好きだったのはこの時代かな。



横浜ベイスターズ 1-9@広島市民球場


2008年ですが、
1番から、大西、仁志、金城、村田、内川、吉村、石井琢、鶴岡、三浦
の応援歌が流れます。
この時代のベイスターズ応援歌は素晴らしいですな。


個人的には、大西、仁志、内川の応援歌が好きですね。


今年で言えば、田中浩康は仁志の応援歌を流用してほしかった。



あとは、



横浜ベイスターズ 清水義之のテーマ(現、「つなげ!」テーマ原曲流用)


「つなげ!」とかね。これも田中浩康のイメージにピッタリなんだが。



もう一つ、誰かの応援歌として流用してほしいのがこれ



応援歌アレンジ10ループ 横浜ベイスターズ荒木大輔/石井浩郎


2002年に在籍した、石井浩郎選手の応援歌ですね。
これ当時、開幕したての頃だったかな。神宮のヤクルト戦で4番ファーストで
先発出場したからレフトスタンドで応援歌を聴いたが、実にいい曲だなーと
感激した記憶がある。今だったら、白根やルーキーの佐野恵太あたりに
つかってみたらどうかと思うんですが。


ちなみに2002年の神宮におけるヤクルト対横浜戦は、観衆が14,000人とかで
外野席は割とガラガラ。なんとなくドライな雰囲気に包まれていて、
個人的には好きでしたね。最近は人気球団になり、ビジターでも客足が好調なので
隔世の感があります。


(完)






しばらくブログをお休みします(改)

前回、ああいう記事を投稿したものですから、閲覧者の方々からコメントを
頂くことになってしまい大変にご迷惑をお掛け致しました。申し訳ございません。
うかつなことを書くもんじゃねーなーと深く反省しておる次第です。


うっかり腰をひねった時に、胃腸のあたりまで激痛が走って数時間たっても
痛みがひかずに、また、腸閉塞時の痛みに似ていたものですから、再発→入院という
最悪シナリオが頭によぎったわけであんな文面となりました。


とりあえず眠らなアカンということで、就寝時に鎮痛剤(バッファリン)を2錠飲んだことが功を奏したようです。
(今考えると、場合によっては危険な事態になりかねませんが)


単純に腰痛の痛みが腹まで回っていただけの話でした。


まあ現状は、腰痛が多少あるのと、元気になるとまた調子に乗って、バカみたいな
内容のブログ記事を書きかねませんので、プロ野球開幕まではおとなしくしてようと
思っております。オープン戦もたけなわですが、この時期に「ああだこうだ」と
論評しているとロクなことがないという忌々しき記憶がございますので、
春先のキャンプやオープン戦時における話題を取り上げていることは控えています。
(次の記事でその理由を詳述します。)



最後に全く脈絡がありませんが、近所のノラヌコの画像を掲げて記事を終了したい
と思います。



たまに見かけますが、見かけた場合は100%、ホットケーキみたいな形に
よこに平べったく寝ています。
「おーい」というとビックリして起きてきますね。たいがいが機嫌が悪いようで、
ウッカリと顔のあたりに手を持て行くと指を噛まれてしまいます。



この猫もごくまれに見かけますが、野良にしては人なれしている。割とやんちゃ。
鼻の周りに茶色い点々がついているので、名前はブチ。


(完)