マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

2018.4.25 DB × C (5回戦:横浜)

横浜DeNA × 広島 (5回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)京山 (C)岡田
スコア:DB 5-11 C


(責任投手)
勝:岡田(3勝0敗)
敗:京山(3勝1敗)


(バッテリー)
C:岡田、今村、一岡ー會澤
DB:京山、平田、三嶋、エスコバー、砂田、三上ー嶺井、戸柱


(本塁打)
C:
DB:ロペス6号②(1回:岡田)梶谷1号(2回:岡田)宮本1号(7回:岡田)


(スターティングメンバー)


 【 CARP 】      【 BayStars 】
(遊)田中      (中)神里
(二)菊池      (遊)大和
(中)丸       (左)筒香
(左)松山      (一)ロペス
(一)バティスタ   (三)宮﨑
(三)安部      (右)梶谷
(右)野間      (捕)嶺井
(捕)會澤      (投)京山
(投)岡田      (二)倉本



試合の概況

初回から得点を重ねた広島が、16安打11得点の猛攻で圧勝。4番に入った松山が
3安打4打点の活躍でチームの勝利に貢献。DeNAは先発・京山の制球難、記録に現れない
守備の乱れなど、序盤からの大量失点が尾を引いて3連敗。



筆者の感想

甘いボールを見逃したり、打ち損じたりしない広島打線相手に、甘いボールを投げて
しまう比率が高ければ、必然的にこういう結果になるでしょうね。なので敗因は
ハッキリしていますから、ダメージは少ないんじゃないですか。年に数試合は
こんなゲームもありますよ。岡田明丈から5点取ってるわけだし、今日は投手陣に
ツキが無かっただけ。2番手の平田も味方の記録に現れない拙守や、不運な打球に
足を引っ張られた感じだから問題ありません。ボールはそんなに悪くなかった。
チーム力に差があっての負けではないから全然OK。ただし、3タテは厳禁だから
明日の先発・東の快投に期待しましょう。



ベイスターズ先発 京山 将弥 投手

※画像は2018.4.25付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


1回2/3 69球 被安打5 被本塁打0 与四死球6 奪三振1 自責7


んー、今回の先発も落ち着いた投球で広島打線を翻弄、6回2失点で無傷の4勝目!
なんていう期待はしてましたけど。それが現実なら、4月の月間MVPの最有力候補に
なったでしょうね。まあ、そんなに甘くなかったわけで・・・。


初回は先頭の田中にストレートをインコースに投げ込んで、3球目を死球に
してしまいました。ストレートの走り自体は悪くないという印象でしたが、
死球でリズムを崩したか。


菊池を三振のあと、丸にはフルカウントからのラストボール、外角のチェンジアップを
見られて四球。完全なボール球だったので、丸なら手を出さないでしょう。
京山には珍しく、チェンジアップの制球が今一つでしたね。
4番の松山には、1-2と追い込んだあとの4球目、125kmで外からのスライダーか
チェンジアップ、高めの甘いボールを中堅へ運ばれて適時打。カープに先制を
許してしまいます。


2回表は、まず先頭の野間に、2-1からの4球目、たぶんカーブだと思いますが、
右前へクリーンヒットを打たれます。これも高めの甘い球。カープの野間は
この打席を含めて3安打2打点の活躍。思わぬ伏兵にやられた感あり。
続く會澤と岡田は無難に打ち取って二死まで漕ぎつけましたけどね。1番に還って
田中に四球を出してから一気に暗転します。田中に対しては全部変化球。スライダー
もチェンジアップも悉く外れて行きました。今日の京山はとにかく変化球の制球が
よろしくなかったですね。


2番菊池・中越え2点適時打=2球目のストレートが高め
3番丸・四球=フルカウントからファール2球のあと、チェンジアップを見切られる
4番松山・左前適時打=初球の外から入っていくスライダー。真ん中甘い球
5番バティスタ・四球=フルカウントからチェンジアップを見切られる
(とにかく京山の生命線であるチェンジアップの出来が悪かった)
6番安部・四球(押し出し)=フルカウントからファールで粘られた末、最後の
チェンジアップを見られる。
7番野間・センターへ2点適時打=2球目のスライダーかチェンジアップを打たれる


以上で6失点でした。


一つ気になったのが、6失点の過程の中で、篠原投手コーチがマウンドの京山の
ところへ足を運んでいない事です。丸に四球を与えた段階で、一息入れても良かった
かなと思います。


ということで今回の京山の先発登板は、ほろ苦い結果に終わってしまいましたが、
まだ19歳でしょう。今までが順調過ぎ。滅多打ちに遭う事も当然あると思うので、
筆者の京山に対する期待値に変わりはありません。この悔しさを糧にして更なる
成長を遂げて欲しいと思います。



梶谷 ミサイル弾道の特大ホームラン!

※画像は2018.4.25付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


今日は惨敗だけど、梶谷の特大ホームランが見られただけで筆者はご機嫌です。
2回裏の先頭打者、2-1からの4球目、144kmストレートを叩いた打球は、梶谷らしい
ミサイル弾道でライト席最上段に飛び込む本塁打でした。



ルーキー宮本秀明 プロ初本塁打!

※画像は2018.4.25付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


7回裏の代打で登場、初球(だったかな)岡田明丈のチェンジアップを捉えて、
逆方向のレフトスタンドへ吸い込まれるプロ初本塁打となりました。
TVKテレビのリポートによると、宮本選手は体が小さいですが(といっても公式
発表は178cm!そんなに小さく見えない)重めのバットを使用しているそうです。
代走での起用が目立ちますが、守備も堅実そうだし、走攻守三拍子そろった選手と
して大きな飛躍を期待したいと思います。


(了)