無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.6.14 M × DB (3回戦:ZOZOマリン)

千葉ロッテ × 横浜DeNA(3回戦) ZOZOマリンスタジアム 18:15

先発:(M)渡邊 (DB)平良
スコア:M 1-4 DB (延長11回)


(責任投手)
勝:パットン(2勝0敗)
敗:田中(靖)(2勝1敗)
S:山﨑(1勝1敗13S)


(バッテリー)
DB:平良、三嶋、三上、砂田、パットン、山﨑ー嶺井、髙城
M:渡邊、南、大谷、松永、内、益田、田中(靖)-田村


(本塁打)
DB:
M:


(スターティングメンバー)


  【 BayStars 】       【 Marines 】
(中)神里      (中)荻野(貴)
(二)田中(浩)   (遊)藤岡(裕)
(左)乙坂      (二)中村
(指)筒香      (左)角中
(三)宮﨑      (右)清田
(右)佐野      (一)ドミンゲス
(一)中川(大)   (三)鈴木
(捕)嶺井      (指)福浦
(遊)大和      (捕)田村


(投)平良      (投)渡邊



試合の概況

両軍ともに得点圏の好機を築きながら点を奪えない展開。7回にDeNAは代打・山下の
中前適時打で追いつき、延長11回、大和の2点適時打などで勝ち越し。最後は守護神の
山﨑康がゲームを締めて同一カード3連敗を免れた。



7回表に代打で登場、同点となる中前適時打を放った山下幸輝
※画像は2018.6.15付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の感想

千葉テレビの「マリーンズナイター」で経過を追っていたので、22時30分で放送
終了。残念ながら大和の勝ち越しタイムリーは見ておりません。あと今日の千葉
マリンスタジアムは、なんだかイベントデーだったようでして、あんまり集中して
みられなかった。試合に関しては拙攻のオンパレードで、初回、2回、5回の好機に
点を奪えず、打線のつながりを著しく欠いたお寒い展開だったわけですが、7回表、
簡単に二死を取られた後、大和と神里の安打で築いた一二塁の場面で、代打の
山下幸輝が貴重な中前適時打で同点に追いつきました。全然と言っていいほどに得点
出来る雰囲気がなかっただけに「値千金」の一打でしたね。山下も1-2と追い込まれ
ながら、マリーンズ・大谷投手の甘いスライダーを逃さずに捉えました。
あとはDeNAの勝因として、ロッテの角中を5打数0安打に抑えたのが大きかったと
思います。
それから、この日の球審は柳田だったと思いますが、両サイドのストライクゾーンが
かなり厳し目だった印象。マリーンズ・渡邊、ベイスターズ・平良の両先発が、
スライダー、シュート系を軸に投げて行くスタイルだけに、判定にやや苦慮した模様。



ベイスターズ先発 平良 拳太郎 投手

4回2/3 98球 被安打6 与四球4 奪三振2 失点1 (自責0)


中継解説者の初芝清さんが、試合前に平良の投球練習を見ていたようで「カーブを
重点的に投げていたので、試合のマウンドでどう反映されるか注目したい」旨を
言及してました。
実際、右打者に対する初球にカーブを何球か投げていました。荻野(貴)と
ドミンゲスを凡打に打ち取ったりしましたので、ボールとしては悪くなかったようです。
カーブがある程度使える目途が立ったのは去年との相違点。
また課題とされる制球面も、与四球4(うちボール2からの申告敬遠1)の数字ほど
悪くなかった印象。先にも述べた通り、球審の両サイドのストライク判定が辛かった
ので、ややカウントを苦しくして投球のバランスを欠いた部分はあったと思います。
そして毎回得点圏にランナーを背負う厳しい展開、5回を投げ切れなかった点を
踏まえると、まだ1軍の先発ローテーションを張れるだけの実力には至っていませんが、
ストレートは最速147kmを計測し、制球面で多少の安定感が出てきたことを考えれば、
去年よりは成長を遂げていると言っていいと思います。
相手打者を圧倒するようなボールはないので、ある程度安打を許してしまうのは
仕方がありませんが、要所でカットボールやシンカーを低めに沈めてゴロを打たせる
ような投球術と変化球の精度を高めることが重要です。


(了)