マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.6.15 Bs × DB (1回戦:京セラドーム大阪)

オリックス × 横浜DeNA(1回戦) 京セラドーム大阪 18:00

先発:(Bs)西 (DB)東
スコア:Bs 7-3 DB 


(責任投手)
勝:西(4勝6敗)
敗:東(5勝3敗)
S:増井(1勝0敗18S)


(バッテリー)
DB:東、平田、武藤ー嶺井
Bs:西、黒木、増井ー若月


(本塁打)
DB:中川(大)1号(9回:黒木)
Bs:中島1号(1回:東)


(スターティングメンバー)


  【 BayStars 】         【 Buffaloes 】
(中)神里      (中)西村
(二)山下      (二)大城
(左)楠本      (指)ロメロ
(指)宮﨑      (右)吉田(正)
(右)佐野      (一)中島
(一)中川(大)   (遊)安達
(遊)大和      (左)T-岡田
(三)飛雄馬     (三)山足
(捕)嶺井      (捕)若月


(投)東       (投)西




試合の概況

オリックスは初回、ロメロの適時三塁打、吉田(正)の中犠飛、中島のソロ本塁打
などで一挙4点を先制。6回には相手の失策等で築いた満塁の好機に、山足、若月、
代打・小田の3連続適時打で3点を追加し、DeNAの反撃を3点に抑えて4連勝。
投げては先発の西が8回を投げ、12奪三振を奪う好投で4勝目。
DeNAは11安打を放ちながら打線が繋がらず、4回無死一二塁で宮﨑、佐野、中川(大)
が凡退に倒れて無得点に終わった攻撃、先発・東の初回の乱調が尾を引いての敗戦。



試合の感想

筒香が故障ですか?詳細知りませんが、筒香が打線に加わっていたところで、今日の
西は打ち崩せなかったのではないでしょうか。全ては東の立ち上がり乱調が招いた
敗戦のような気がしますが、東も毎回毎回素晴らしい投球できるわけありません。
色んな意味で仕方がない試合です。としかいいようがありません。


中川の9回に飛び出したセンターへの本塁打は素晴らしい当たりでしたけども、
黒木の149kmストレート。真っ直ぐには強いかな。しかし、2回表の打席で
ボール2からの3球目、西のスライダーが甘く入ったボールがありましたけど、
あれに手が出ないとちょっとね。変化球への対応はまるでダメという評価しか
下せません。


バファローズ先発・西の出来は、まあ普通でした。本来通りの投球です。
なのでそう簡単には攻略できなくて仕方がない。4回と8回の投球では甘い球も
結構ありましたが、それ以外は真っ直ぐも走っていたし、スライダー、カーブ、
ツーシーム系、フォークのキレもまずまず。たぶん筒香が4打席立ってても、
長打は期待できなかったと思う。4回の無死一二塁で、宮﨑が三振した球は、
甘いスライダーだったけど、宮﨑も西が甘い球を投げるという想定をしてなかった
のだろう。かえって、難しいボールを投じられた方が、宮﨑が捉えられた可能性が
高い。



ベイスターズ先発 東 克樹 投手


5回1/3 100球 被安打7 被本塁打1 与四球3 奪三振4 自責6


立ち上がりが全てでした。珍しくボールが荒れていましたんでね、チェンジアップ
が決まらない、ストレートも本来の球威がないという状況でした。中島のソロは
チェンジアップが真ん中に入る。その前のロメロに打たれた三塁打は真っ直ぐだけど
コースもインハイで悪くないんだけど、球威がなかったんですな。


2回以降はカーブを上手く使いながら、変化球中心の投球。持ち直した感じは
あったのですが、6回に自らの守備失策などでピンチを招き自滅。
安達の投前犠打の処理で、三塁へ悪送球。そして、山足の二塁内野安打の際は、
一塁へのベースカバーに走らないというボーンヘッドあり。守備に課題を残す
結果に。
この山足の打席の時に、二塁へのゴロ、山足は俊足の選手だから、東が一塁へ
ベースカバー入ったところで内野安打になったと思う。しかし、そういう問題ではなく、
基本的な守備動作として一塁へ走らないのはどう考えたっておかしい。


(了)