マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.6.17 Bs × DB (3回戦:京セラドーム大阪)

オリックス × 横浜DeNA(3回戦) 京セラドーム大阪 13:00

先発:(Bs)田嶋 (DB)今永
スコア:Bs 7-1 DB 


(責任投手)
勝:田嶋(6勝3敗)
敗:今永(1勝4敗)
S:


(バッテリー)
DB:今永、平田、武藤ー髙城
Bs:田嶋、比嘉、岸田ー若月


(本塁打)
DB:宮﨑12号(5回:田嶋)
Bs:


(スターティングメンバー)


  【 BayStars 】        【 Buffaloes 】
(右)神里      (右)西村
(二)田中(浩)   (三)山足
(中)桑原      (指)ロメロ
(指)宮﨑      (左)吉田(正)
(一)中川(大)   (一)中島
(遊)大和      (遊)安達
(三)飛雄馬     (中)武田
(左)楠本      (二)大城
(捕)髙城      (捕)若月


(投)今永      (投)田嶋



試合の概況

オリックスは2回、武田の2点適時打で先制。4回には再び武田の左犠飛で3点目を挙げ、
7回には3本の三塁打が飛び出すなど一挙4点を追加しての完勝。先発の田嶋は7回を
投げて三振を9つ奪う力投を見せ6勝目。DeNAは宮﨑のソロ本塁打による1点を返す
のみに終わった。



試合の感想

NHK-Gの中継で見てましたけど、7回裏・バファローズの攻撃中、宗佑磨が三塁打を
打った後、群馬県で大きい地震があった関係で野球中継が中断となり、最後まで
映像で見ておりません。


それはさておき、故障者続出でロクな打順が組めない中、今日も完敗はしょうがない
にしても、初回の攻撃で神里が四球で出たあと、2番の田中(浩)に強攻させて、併殺
に終わった拙い攻め方はちょっとね。後ろにロペス、筒香、宮﨑が連なる本来の布陣なら
まだしも、現状は宮﨑の長打に期待するほか点を奪う展開が期待できないわけですから、
やはりここは田中が送って、得点圏にランナーを置いて、桑原、宮﨑に託すという攻撃を
するべきでしたね。


バファローズ先発・田嶋に対してですが、序盤から中盤にかけてベイスターズ打線は
ストレートに全く合っていませんでした。2回表の中川(大)から4回表の神里まで
6連続三振を喫するなど、残念ながら得点どころかヒットも出そうな気配なし。
田嶋もボールがばらけたり制球面ではアバウトな点が目立ちましたが、スリークウォー
ターとサイドの中間のような投法から繰り出すストレートが、実際の球速以上に伸びを
感じさせるボールだったのでしょう。
5回に飛び出した宮﨑の本塁打は、インコース高めのストレート。この辺は宮﨑の得意球
ですからね。ただ他の各打者は打てる雰囲気が全くありませんでしたので、どうにもなら
ない展開だったと言って差し支えないと思います。



ベイスターズ先発 今永 昇太 投手

6回1/3 122球 被安打7 奪三振8 与四死球2 自責6


試合中盤の5回、6回の投球内容が良く、球数含めて7回も続投させたのは問題
ありませんが、7回裏は大城の三塁打のあと、若月の三塁強襲内野安打(適時打:
もっとも三塁を守っていた飛雄馬の守備が拙かったのだが)が出た段階で代えた方が
良かったですね。試合の大勢に影響はないとはいえ。


今日の今永は、ストレートは悪くなかったと思いますが、チェンジアップの精度が
悪く、高めに浮くか、下に叩きつけるようなボールが多かった。打者がロメロの時
だけはいいボールが投げられていましたけどね。


2回裏と4回裏の失点は、いずれも先頭打者の吉田正尚を出塁させたことに端を発して
います。2回はフルカウントから四球、4回は0-2と追い込んだ後に外角のストレートを
あわされて右安打。
対左打者になると、どうしても外角一辺倒、球種も限られるので、必然的に苦しい
投球を強いられます。その意味では、バファローズサイドも左投手には右打者を
揃えるという固定観念に捉われず、今日昇格したばかりの宗、あるいは西野、T-岡田を
スタメンで起用していれば、今永としてもさらに対処に苦慮した打線になっただろうと
思われます。


2回裏、武田の2点適時打は、2-1からインコース低めのストレートを打たれました。
ボール自体は悪くなかったですが、チェンジアップが悪かったので、真っ直ぐ一本に
的を絞られた感じ。


4回裏は、安達に右安打を打たれたカーブ、それから武田に左犠飛を打たれた
チェンジアップ、ともに低めでコースは間違えていないので、打った方が上手かった
と思います。


ということで今永の投球を全体的に振り返るに、ゲーム序盤はチェンジアップの
制球がままならない点も、中盤以降は持ち直してきたし、ストレートの力はそこそこ
あったことや、前回の日本ハム戦ではほとんど投げていなかったカーブの出来も
悪くなかったこと、そしてある程度のイニングと球数を投げられたことは前向きに
評価したいと思います。



ウィーランド 抹消

明日(6月18日)対ライオンズ(横浜)で先発予定だったウィーランドが、
背中を痛めたとかで登録抹消です。もう故障者続出し過ぎ。
ライオンズの方は、この日に照準を合わせたような多和田が先発。
多和田もここ3-4試合の先発登板の内容が悪かったから、主力の相次ぐ離脱で
迫力不足の横浜打線相手に、自信を取り戻させる魂胆があるのかどうか。
ただのチーム事情でそうなっただけなのか分かりませんが、現状のベイスターズ
打線だと、多和田に本調子の投球をされたら、攻略は厳しいのかなあ。
筒香も明日は出られるとか報道にありますけど、故障の程度が分からないし、
本来の打撃が出来るとは考えにくい。
まあ苦しい試合は不可避だろうけど、明日時間が出来たら、Abemaで試合状況を
チェックして、当ブログで記事をアップします。


(了)