マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.6.18 DB × L (3回戦:横浜)

横浜DeNA × 埼玉西武(3回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)飯塚 (L)多和田
スコア:DB 4-2 L 


(責任投手)
勝:飯塚(1勝4敗)
敗:多和田(7勝3敗)
S:山﨑(1勝1敗15S)


(バッテリー)
L:多和田、松本、増田、大石ー森
DB:飯塚、三嶋、砂田、三上、パットン、山﨑ー戸柱


(本塁打)
L:斉藤(彰)1号(5回:飯塚) 秋山11号(9回:山﨑)
DB:宮﨑13号②(4回:多和田) 宮﨑14号(7回:増田)


(スターティングメンバー)


  【 Lions 】          【 BayStars 】
(中)秋山      (中)神里
(遊)源田      (右)乙坂
(二)浅村      (一)佐野
(一)山川      (三)宮﨑
(左)栗山      (左)楠本
(三)外崎      (捕)戸柱
(捕)森       (二)山下
(右)斉藤(彰)   (投)飯塚
(投)多和田     (遊)大和



4回、西武・多和田から先制の2点本塁打を放つ宮﨑
※画像は2018.6.18付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

宮﨑の2本の本塁打などで4得点を挙げたDeNAが、6投手の継投で西武打線を2点に
抑え逃げ切り勝利。先発の飯塚は5回1失点で今季初勝利。西武は斉藤彰吾と秋山の
ソロ本塁打による2点のみ。二つの併殺打を含め、結果としてダブルプレーになった
ケースが4度、序盤の拙攻が響いての敗戦で2連敗を喫した。



「勝ちに不思議の勝ちあり」をそのまま体現したような試合

むかしヤクルトスワローズを常勝球団に導いた名将監督が残した言葉「勝ちに不思議の
勝ちあり」を久々に思い出させる試合内容でした。
故障者続出で迫力不足の我が横浜打線。4番・宮﨑が長打を打つことでしか点を取ることが不可能という「超絶望打線」の中、宮﨑が2本の本塁打をかっとばして3打点。
また先発の飯塚が制球に安定感を欠いて、再三にわたってピンチを招きながら、
相手打線の拙攻に助けられながら、斉藤彰吾のソロ1本による失点に抑えて今季初勝利
&横浜スタジアムでの初勝利という結果。あの西武打線が打ち損じとか走塁ミスとか
やると思わないし、今日の飯塚の投球内容からしたら序盤で3点4点取られてもおかしくなかった。本当に野球の試合というのは分かりません。


一つ言えることは、打つ方が悲惨を極めても、投手陣、特に中継ぎと抑えがある程度
安定した投球を続けていれば、何とかなるということですね。今日なんかも、三嶋、
三上、パットンの勝ちパターンが相手の反撃を食い止めましたし、まあ、三嶋は球数が
嵩むにつれて球威が衰え、パットンは斉藤彰吾に決め球のチェンジアップが浮いて、
中前へ抜けるかという安打性の当たりを打たれて、遊撃手・大和の守備に助けられた
面もありましたけど、何とか踏みとどまって失点を許さなかったのが大きかった。


宮﨑の2本の本塁打は、現状の打線を考えれば彼が打つほか点は取れませんから、
よく打ってくれたと思います。多和田から打った2ランは、スライダーが真ん中に
入った甘いボールでしたが、2本目のソロは、増田が投げた外角のストレートだった
と思う。コースもさほど悪くなかったし、これは素晴らしい打撃でした。



ベイスターズ先発 飯塚 悟史 投手

※画像は2018.6.18付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。
5回 93球 被安打5 被本塁打1 奪三振3 与四死球5 自責1


フォークボールが高めに抜けがちという制球難は相変わらず。ストレートは
球速こそ145,6出てましたけど、球威が感じられない。ゲーム序盤でまとまった
失点をしてもおかしくない投球内容だったと思います。
2回表は無死一二塁から、斉藤彰吾の遊直で(甘いフォークB、いい当たりだった)
二塁ランナーの外崎が飛び出していてゲッツー。3回表は一死一三塁から、山川が
2球目のボールに手を出して投ゴロ併殺。相手側の拙い走塁や拙攻に助けられた面が
大きかったですね。


4回表だけはボールが低めに集まるようになり、外崎を遊ゴロ併殺に仕留めた
外角低めのストレートはいい球でしたが、ああいうボールをコンスタントに投げられる
ようになってほしいところ。


勝利投手の権利がかかった5回のマウンドでは、再び制球難が顔を出し、斉藤彰吾の
ソロ本塁打はストレートでコースも甘めだったように思う。そして球威不足。
多和田三振のあと、秋山が左安打、源田は四球。この辺でかなり危険な兆候が見え始め、
飯塚の勝利云々よりもチームの勝利を優先するなら、早めにリリーフを継ぎこんだ方が
良いと思いましたけどね。
続く浅村は、フルカウントから外のカット系のボールで空振り三振。二塁ランナーの
秋山が三塁へ走っていて封殺。結果三振ゲッツーの形になってピンチ脱出。


以上、飯塚は今シーズン初勝利と本拠地横浜での初勝利と相成ったわけですが、
投球内容は決して褒められるものではありませんでした。
何度も言うようですが、細かい制球力を身に付けるにはもう少し時間がかかる
でしょうね。しかし、先発として活躍できる投手に育つ可能性は大いに秘めて
いるし、またウィーランドの離脱で現状は先発の頭数も足りていませんから、
今後も1軍での先発登板は結果の如何に関わらず、積極的に行うべきと思います。


(了)