マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.6.19 DB × E (3回戦:横浜)

横浜DeNA × 東北楽天(3回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)バリオス (E)古川
スコア:DB 1-7 E 


(責任投手)
勝:古川(3勝1敗)
敗:バリオス(2勝3敗)
S:


(バッテリー)
E:古川、青山、福山、ハーマンー嶋
DB:バリオス、平田、砂田、武藤、加賀ー戸柱、嶺井


(本塁打)
E:茂木4号③(8回:武藤)
DB: 


(スターティングメンバー)


  【 Eagles 】         【 BayStars 】
(中)田中      (右)神里
(遊)茂木      (中)桑原
(右)島内      (一)佐野
(三)今江      (三)宮﨑
(一)銀次      (二)山下
(二)藤田      (捕)戸柱
(左)聖澤      (左)関根
(捕)嶋       (投)バリオス
(投)古川      (遊)柴田



3回、左適時二塁打を放つ神里
※画像は2018.6.20付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

楽天は初回、一死三塁から島内の二ゴロと野選により1点を先制。3回には島内の
適時二塁打と今江の適時打で2点を追加、ゲーム終盤には、この試合4安打目となる
田中の適時打と茂木の3点本塁打でDeNAを突き放しての勝利。平石新体制下での
2連勝となった。野手陣に主力を欠くDeNAは、3回に神里の適時二塁打で1点を
返すのみに留まり、打線もつながらずに完敗を喫した。



試合の感想ほか

イーグルス先発の古川は今回の試合で3連勝ですか。確かにストレートには力が
あるし、いい投手だなと思います。今日の試合に関して言えば、結構制球にばらつき
があって、ボール先行になるケースも目立ちましたが、フルカウントからの勝負球、
ストレートは凡打に仕留めたり、チェンジアップで三振に切って取ったりと要所では
いいボールが決まっていたことは事実です。ロペス、筒香、ソト、梶谷を欠いている
現状のベイスターズ打線では、相手投手にプレッシャーもかけられないし、古川を
打ち崩すまでには至らないでしょう。まあ仕方がないですね。きのうは西武にも勝った
し、雨天中止の予備日程2試合は1勝1敗で御の字。交流戦も8勝10敗?でしたっけね、
故障者続出で戦力が整わない中、よく踏みとどまったと思います。



ベイスターズ先発 E.バリオス投手

5回 89球 被安打6 被本塁打0 奪三振6 与四球1 自責2(失点3)
※画像は2018.6.20付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


筆者が見た限りにおいては、今シーズン一番良い内容の投球でした。
全体的にボールは低めに集まっていましたし、田中和基の内野安打等いい当たりを
された安打は3回の今江の適時打くらい。特に左打者のインコースに投げ込んだ
カットボールの出来が良かったように思います。リーグ戦再開以降、右投手には
左打者を並べる傾向のある球団との対戦で先発させると面白いかも知れません。
今日は戸柱とのバッテリーも影響したか、ナックルカーブの随所に交えながらの
投球。落ちるボール(握りからするとフォークだと思うのだが)の精度も悪く
なかったですね。


勿体なかったのは3回のマウンド、二死三塁で、島内の左中間を破る適時二塁打と
今江の左前適時打と連打を喫した場面。島内にはカット系のボールがシュート回転
して真ん中高めに入り、今江に対しては0-1からの2球目、これも高めに入った
ストレートかツーシーム系のボール。この2球だけは甘い球だったのですが、確実に
打ち返されてしまいました。


あとはクイック投球時のモーションが大きいので、どうしても走られてしまいますね。
初回は田中と島内に走られましたし、5回にも再び田中に盗塁を許し計3盗塁。
執拗な牽制でランナーをケアしても、あの投げ方では盗塁阻止は無理です。


ちなみに今朝の朝日新聞(運動面)に、楽天・島内の適時二塁打についての記事が
載っていまして、「落ちる変化球にタイミングを合わせ・・」と書いてあったけど、
打った球は、カット系かストレートがシュート回転して真ん中高めに入ってしまった球。
事実誤認も甚だしい。署名なし記事だから担当記者が誰か分かりませんけど、たぶん
同じ3回の田中の二塁内野安打と混同している。曲がりなりにもプロのスポーツ記者
なら、投手が投げた球種やコースの把握は正確性を期してほしいところ。



ベイスターズ2番手 平田 真吾 投手

1回 18球 被安打3 被本塁打0 奪三振1 与四球0 自責1


平田投手について書こうと思いながら、つい後手にまわり今回がいい機会だから
触れておきます。


一軍昇格後、ビハインド時や敗戦処理的な起用で投げていまして、登板の都度、
失点を許していますが、ボール自体は決して悪くはないんですね。
去年よりは制球力に安定感が増してきましたし、ストレートは140km台後半、
縦に大きく割れるカーブや落差の鋭いフォーク、スライダー、カット、ツーシーム
と球種も豊富で、右打者左打者関係なく、インコースを投げ込める球種を持っている。


投手としての総合力では現状、飯塚や京山より上と見ています。
先発のノルマが5回、80球ー100球前後であるならば、平田の先発起用を望むところ
ですね。リリーフに適性もありますが、今のような起用だと平田本来の実力を
出し切れないように思います。


(了)