マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.6.27 DB × T (9回戦:横浜)

横浜DeNA × 阪神(9回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)飯塚 (T)藤浪
スコア:DB 6-16 T


(責任投手)
勝:藤浪(2勝2敗)
敗:飯塚(1勝5敗)
S:


(バッテリー)
T:藤浪、能見、藤川、桑原、伊藤(和)-梅野
DB:飯塚、加賀、三嶋、三上、エスコバー、平田ー嶺井、髙城


(本塁打)
T:福留7号③(4回:飯塚) 梅野3号②(9回:平田)
DB:宮﨑15号③(3回:藤浪)


(スターティングメンバー)


  【 Tigers 】          【 BayStars 】
(二)糸原      (中)神里
(遊)植田      (二)柴田
(左)福留      (右)ソト
(右)糸井      (左)筒香
(一)陽川      (三)宮﨑
(中)中谷      (一)中川(大)
(三)鳥谷      (遊)大和
(捕)梅野      (投)飯塚
(投)藤浪      (捕)嶺井



3回裏 逆転の3点本塁打を放つ宮﨑
※画像は2018.6.27付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

5-3 DeNAの2点リードで迎えた4回表、阪神は糸原の安打、植田の捕失で無死一二塁
とした場面で福留のスコアボード直撃3点本塁打で逆転。7回には代打・伊藤(隼)の
適時二塁打で突き放すなど、17安打16得点の圧勝。DeNAは先発、中継ぎが総崩れ、
3回に一時は逆転となる宮﨑の3点本塁打を含む5連打・5得点を挙げるも、5回の無死
満塁の好機を無得点に終わり、試合の主導権を握れずカード2連敗。これでDeNAは
3カード連続の負け越しで5位転落。



試合の感想(というか全体の総括)

こんな試合展開でも最後まで見てしまったわけですが・・・。
3回裏に神里から始まった5連打、仕上げは宮﨑の逆転3点本塁打が飛び出したまでは
良かったですけどね。これで勝てたら「98式マシンガン復活」なんて書きたかったけどそんな甘くはないですね。


先発の飯塚君の制球難は相変わらず、初回だけで5つの四球(鳥谷への申告敬遠1を
含む)が仇となって3失点。3回に味方が5点を取って逆転しても、直後の4回表に
福留のバックスクリーン直撃3ランでアッサリと再逆転を許してしまうという。
制球が定まらない上に、得意のフォークボールもハッキリとボールになるような球が
大半を占めました。
制球が良くないから、左打者のインコースを攻め込む事も出来ず、糸井だけには2,3球
インコースも投げていましたけど、やはり甘くなって真ん中に入る危険性を考慮
すると、捕手の嶺井としても外角一辺倒とならざるを得なかったでしょう。
まあ、端的に言って、前回の西武戦よりも内容は悪かった。今年の飯塚は、
ストレートに力強さが増したのは評価しますが、変化球の精度と制球が安定しません。
もう一度、ファームで鍛錬を積んだほうがいいかも知れませんね。
毎回の記事で筆者も言及してしつこくなりますが、飯塚は先発投手として大きく成長
してほしいと願っておりますので、本当に奮起して頂きたいですね。結果が出なくとも
応援して参ります。


あとは、7回以降で10失点という結果ですが、三上、エスコバー(平田もそうか?)
は前日に引き続いての連投ですから、本来の投球が出来なくても仕方がない。
7回に、三上が伊藤(隼)に打たれた適時打は甘いスライダー、この回は2アウトを
取ってから3連打されましたから、疲労の影響が色濃く出てしまった形です。
8回にマウンドに上がったエスコバーも同様。ストレートに本来の球威が無く、
陽川の適時打など2失点。平田の7失点は、なんか気持ちが入っていない投球だった
もんなー。だからといって非難するつもりは毛頭ありませんが。


今日はこんなところでいかがでしょうか。そうだ忘れていけないのは、4回表の
阪神の攻撃中、無死一塁から植田の犠打失敗(捕ゴロ)で、捕手の嶺井が二塁への
送球を誤って、無死一二塁としてしまったこともゲームの流れを悪くした要因の
一つ。まあ、二塁のベースカバーに入った大和が上手く捕球してやれば問題なかった
感じもしますけどね。


(了)