マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.6.30 DB × C (9回戦:横浜)

横浜DeNA × 広島 (9回戦) 横浜スタジアム 14:00
先発:(DB)東 (C)野村
スコア:DB 2-1 C


(責任投手)
勝:東(6勝4敗)
敗:野村(3勝2敗)
S:山﨑(2勝2敗16S)


(バッテリー)
C:野村、フランスアー會澤
DB:東、三嶋、パットン、山﨑ー髙城


(本塁打)
C:會澤8号(2回:東)
DB:筒香18号②(6回:野村)


(スターティングメンバー)


  【 CARP 】       【 BayStars 】
(遊)田中      (中)神里
(二)菊池      (右)ソト
(中)丸       (三)宮﨑
(右)鈴木      (左)筒香
(一)松山      (一)ロペス
(左)野間      (二)倉本
(捕)會澤      (遊)柴田
(三)西川      (投)東
(投)野村      (捕)髙城



試合の概況

DeNAが僅差のゲームをものにして2連勝。1点ビハインドで迎えた6回裏、一死二塁から筒香の2点本塁打で逆転、1点のリードをパットン、山﨑の継投で逃げ切った。
先発の東は、6回を4安打1失点に抑える好投で6勝目。広島は2回に會澤のソロ本塁打で
先制したが、3回、6回、7回にランナーを三塁まで進めながら、いずれも後続が倒れて
追加点を奪えず勝機を逸した。



筒香 18号逆転2ラン

※画像は2018.6.30付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


6回裏、一死から二塁打を放った宮﨑を置いた場面で待望の一撃。
本塁打が欲しかったところで最高の仕事をしてくれました。
カープ先発の野村に対し、ベイスターズ打線はここまで、カットボールやツーシームを
詰まらされて凡飛を上げたり、カーブやチェンジアップを打たされて内野ゴロに終わる
ケースが目立ちまして、なかなか攻略の糸口が掴み切れませんでしたけど、6回一死
二塁のワンチャンス、カウント1-1からの3球目、インコース高めのカットボールが
来ると読み切っての「狙い打ち」でした。打った瞬間それと分かる本塁打性の当たり。
大きな放物線を描いて、ベイスターズファンが待つ右翼席へ。
これ以上ない完璧な打撃結果でした。



ベイスターズ先発 東 克樹 投手

※画像は2018.6.30付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


6回 91球 被安打4 被本塁打1 与四球3 奪三振3 自責1


初回にいきなり、田中と菊池に連続四球。ボールがやや荒れ気味でしたけど、
いつも通り、ストレートに勢いがあり、チェンジアップも悪くなかったので、
そんなに変な事にはならんだろうとは思って見ていました。
以降、丸、鈴木、松山のクリンアップを抑えきり初回を無失点で凌ぎました。


2回表、會澤に打たれた先制のソロ本塁打は、ストレートを2球ファールされた
後の5球目、スライダーかチェンジアップが外角の高めに入ったボール。甘いと
言えば甘い球でしたけど、うまく運ばれた感じ。


今日の東の良かった点は、きのうの石田と同様、随所にカーブを交えながら打者の目先
を変える投球が出来た事ですね。髙城がマスクを被っていることも影響している
でしょうが、おとといの今永も含め、左の先発陣がカーブを有効に使えている点は
非常にいい傾向だと思います。


またいつもの事ながら、ストレートの球威が抜群でした。
3回表と6回表に、二死三塁のピンチを招きますが、3回は鈴木を遊ゴロ、6回は野間を
三ゴロに打ち取って得点を許しませんでした。いずれもストレートで打ち取っています。
3回表は菊池を四球で出してから、3番・丸に通算10000本安打となる中安打
(センター神里が打球処理を誤っている間に三進、一塁走者の菊池は本封殺)を
打たれまして、甘いスライダーでしたけども、4番の鈴木には真っ直ぐとチェンジアップ
を交互に投げていって、3球続けてファールされた後の5球目の勝負球、いいストレート
が決まってゴロに打ち取ることが出来ました。


7回表も一旦はマウンドへ向かいましたが、投球練習中に軸足がつったようで、
三嶋に交代。ちょっと東の状態が心配で大事に至らなければよいですが。
ただ広島打線相手に6回まで會澤のソロによる1失点、連打を許すこともありません
でしたし、期待通りよく投げました。



試合全体の総括

守りのミス(3回表・丸の打球を神里がファンブル、7回表・打者西川の時に捕逸)
はありましたけど、東がゲームをつくり、4番の一振りで逆転し、リリーフ陣(三嶋、パットン、山﨑)が好投して最少点差を守り切る勝利。非常にいい勝ち方だったと思い
ます。


(了)