マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.7.4 G × DB (13回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(13回戦) 東京ドーム 18:00

先発:(G)田口 (DB)ウィーランド
スコア:G 4-8 DB


(責任投手)
勝:ウィーランド(3勝4敗)
敗:田口(2勝6敗)
S:


(バッテリー)
DB:ウィーランド、パットン、砂田、山﨑ー嶺井、戸柱
G:田口、田原、アダメス、上原、澤村、中川ー大城


(本塁打)
DB:
G:長野6号②(4回:ウィーランド)


(スターティングメンバー)


  【BayStars】        【 Giants 】
(中)桑原      (遊)坂本(勇)
(遊)柴田      (二)田中(俊)
(三)宮﨑      (三)マギー
(左)筒香      (一)岡本
(一)ソト      (左)亀井
(右)乙坂      (右)長野
(捕)嶺井      (捕)大城
(投)ウィーランド  (中)陽
(二)石川      (投)田口



9回表、二死満塁から貴重な追加点となる走者一掃の3点適時二塁打を
放つ戸柱
※画像は2018.7.4付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

DeNAは2回、二死から嶺井の三振(振り逃げ)の出塁を足がかりに、ウィーランドの
左中二塁打と左翼手の失策で1点を先制。3回には一死満塁から、ソトの2点適時打、
嶺井の2点適時打で4点を追加。9回には戸柱の3点適時二塁打も飛び出し試合を決めた。
7回のピンチをしのいだパットン、8回を三者凡退に抑えた砂田と救援陣の好投も実り、DeNAの連敗は2でストップ。
巨人は4回に長野の2点本塁打、7回に代打・阿部の2点適時打で追いすがるが反撃は
ここまで。



試合全体の総括

次項で詳述しますが、まず先発のウィーランドがよく投げました。
打線の方も、相手先発・田口の状態の悪さに付けこんで、活発に機能したように
思います。欲を言えば、ジャイアンツの3番手・アダメス投手の制球難を攻略して
追加点を奪う展開をみせて欲しかったし、石川の二度の二盗失敗など、攻撃面で
拙い点もなかったわけではないが、まあ、とにかく勝てて良かったです。
7回のパットン、8回の砂田も素晴らしい好救援を見せました。9回、満塁から途中
出場の戸柱が走者一掃の適時二塁打を打ったのも大きかった。1点差しかなかった
ので貴重な追加点でした。



ベイスターズ先発 ウィーランド投手

※画像は2018.7.4付 スポニチAneexより引用しました。


6回0/3 111球 被安打7 被本塁打1 与四球2 奪三振8 自責4


初回からかなり飛ばしていましたね。ストレートは148-150km程度出ていましたし、
カーブ、チェンジアップのキレ、制球ともに申し分なし。去年のいい状態を彷彿
とさせる投球内容でした。故障明けでしたので、ここまで投げられるとは思って
いませんでした。
立ち上がりから、ほぼ完璧な投球を見せていましたが、4回、長野の2点本塁打は
カーブが甘く入ってしまいましたね。ゲーム序盤唯一の失投です。


6回の投球からやや疲れが見え始めたのか、甘い球が多くなりました。ストレートの
球威も落ちてきた感じ。マギーの左安打の後は、3人で打ち取っていますけど、
岡本はチェンジアップを打ち損じて捕邪飛、亀井には長打性の当たりを打たれ、
センター桑原の好守備に助けられたので、まあ、この回までがウィーランドの限界
だったでしょうね。ただ、6回終了で球数は確か95球くらい。前日の試合で継投ミスを
やってしまった関係で、投手の替え時に踏ん切りがつかず、7回までウィーランドを
引っ張ってしまった経緯も分からなくはない。でも6回裏の投球内容を見ると、
完全に危険信号だったよなー。投手交代は本当に悩ましい。


今日はこんなところでいかがでしょうか。
文章うまくまとまっていない点も多々ありまして恐縮ですが、とりあえずブログ記事
として記載したいことは以上となりますので、これでアプ致します。


(了)