マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.7.17 DB × S (13回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(13回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)濵口 (S)ブキャナン
スコア:DB 0-6 S


(責任投手)
勝:ブキャナン(7勝6敗)
敗:濵口(0勝2敗)
S:


(バッテリー)
S:ブキャナン、近藤、大下ー中村
DB:濵口、砂田、加賀、須田ー伊藤


(本塁打)
S:バレンティン20号(8回:加賀)
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Swallows 】     【 BayStars 】
(右)坂口      (中)桑原
(中)青木      (右)佐野
(二)山田(哲)   (一)ソト
(左)バレンティン  (左)筒香
(一)畠山      (三)宮﨑
(三)川端      (二)倉本
(遊)西浦      (捕)伊藤
(捕)中村      (投)濵口
(投)ブキャナン   (遊)柴田



2回裏、中安打を放つ伊藤光捕手。
※画像は2018.7.17付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

ヤクルトは初回、バレンティンと畠山の連続適時打、川端の犠飛で3点を先制。
8回にはバレンティンの20号ソロなどで3点を追加し、DeNA打線を無得点に抑える
零封勝ちで2連勝。先発のブキャナンは、7回を4安打5奪三振、三塁を踏ませない
投球で7勝目。DeNAは3回、二死一二塁の好機に筒香が倒れるなど打線が淡白な
攻撃に終始し、4連敗。



試合全体の総括

先発の濱口に関しては別項で触れるとしまして、今日も筒香、宮﨑がブレーキで
点を奪えない展開でした。スワローズ先発のブキャナンは、いつも通りの出来だった
と思います。ボール先行ではあるんだけど、微妙に動くストレートには力があり、
チェンジアップもシンカー気味に落ちていくボールもあり、なかなかうまく捉えて
いくのも難しかったかなと思います。ブキャナンにタイミングが合っていたのは、
桑原とソトだけでした。
唯一のチャンスらしいチャンスは、3回裏の二死一二塁。4番の筒香がボールスリー
から打って出て左飛に終わった攻撃は勿体ない印象がありますけど、まあ、これも
仕方がないですね。


あとは8回表に、きのう2イニング投げた加賀を連投させた場面ですね。スワローズは
バレンティンから始まる攻撃ゆえに、バレンティン封じを期待してマウンドへ送り込んだと思いますが、きのうの加賀の投球も、無失点に抑え、結果だけ見れば良く投げたと
言えなくもないが、投球内容的には逆球や甘いボールも散見され、結果オーライな
感は拭えませんでしたから、連投は避けた方が無難でしたかね。ただ3点ビハインドだし、バレンティン、畠山と続く相手打線だから、加賀を持ってきたベイスターズベンチ
の意向は理解できます。筆者が後から、あーだこーだ言っても所詮「結果論」になります
からね、投手交代は本当に難しい。


で、加賀は先頭のバレンティンに中堅へソロ本塁打を打たれます。外角のスライダー、
コースは悪くなかったように見えましたが、狙い打ちされたのと、ボールのキレを
欠いたためにスタンドまで運ばれた感じ。
そのあと二死から、西浦の二塁打、中村の適時三塁打、雄平の適時打は、いずれも
インコースのボールを打たれているんですね。
バッテリーを組む捕手の伊藤も、きのうとは違って、インコースも充分に使いながら
の配球を試みたのだろうが、加賀は球威のあるストレートを投げるわけではないし、
逆球も多く、甘くなるケースが目立つので、どうしてもインコースのボールが打ちごろ
へ入っていく危険性が高いから、外角一辺倒の配球で良かったと思います。



ベイスターズ先発 濵口 遥大 投手

※画像は2018.7.17付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。
6回 122球 被安打6 被本塁打0 与四球2 奪三振6 自責点3


無走者時は、ワインドアップモーションで投げていました。
やはり初回の立ち上がりでしたね、ストレートに力が無く、変化球は高めか真ん中に
行きましたから、安打を許し点を取られる展開になるでしょうね。
畠山の適時打は、低めのフォークをうまく拾われたために、打った畠山を褒めるべき
ですが、先頭の坂口、青木の連続安打、そしてバレンティンの適時打は全て
甘いボールでしたので、打たれても仕方がなかった投球内容です。


2回以降は持ち直し、ストレートは回を追うごとに球威が出てきましたし、今日は
フォークボールの出来が良かったです。四球も二つ。極端に暴れる投球も無く、
6回まで3失点。立ち上がりの乱調が勿体ないですが、ある程度のイニング、球数を
投げて最低限ゲームはつくりましたので、次回の先発登板に期待したいと思います。


伊藤捕手とのコンビも何ら問題なし。結局、捕手のリード云々より、投手が一定の
制球力とキレのあるボールを投げればいい話なので、それに重点を置いて調整に
励んでほしいというのが筆者の願いです。


(了)