無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.7.20 DB × T (12回戦:横浜)

横浜DeNA × 阪神(12回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)東 (T)秋山
スコア:DB 10-3 T


(責任投手)
勝:東(7勝4敗)
敗:秋山(5勝8敗)
S:


(バッテリー)
T:秋山、望月、岩崎、髙橋ー梅野、原口
DB:東、三上、三嶋、中後、須田ー伊藤


(本塁打)
T:北條1号(1回:東)
DB:桑原6号(1回:秋山) 伊藤1号②(7回:岩崎)


(スターティングメンバー)


  【 Tigers 】          【 BayStars 】
(二)糸原      (中)桑原
(遊)北條      (右)ソト
(左)ナバーロ    (三)宮﨑
(三)陽川      (左)筒香
(右)福留      (一)ロペス
(一)ロサリオ    (遊)倉本
(中)俊介      (捕)伊藤
(捕)梅野      (投)東
(投)秋山      (二)柴田



サイクル安打を達成した桑原選手
※画像は2018.7.20付 日刊スポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

初回に桑原の先頭打者本塁打で同点としたDeNAは、2回に柴田の適時二塁打、桑原の
適時打などで4点を挙げ、6回には敵失、7回は伊藤の2点本塁打も飛び出し、合計10得点
の大勝。先発の東は、6回途中まで北條のソロによる1失点に抑える好投で7勝目。
桑原は史上67人目のサイクル安打を達成。阪神は先発の秋山が序盤から失点を重ねる
厳しい展開となり5連敗。



試合全体の総括

まずは桑原のサイクル安打、お見事でした。筆者も初めて目撃したので感慨深いものが
あります。センターの守りでも、好守備を見せましたので、打撃面でこの好調をずっと
維持してほしいと願うばかりです。


今日のベイスターズは、序盤から打線が繋がっての10得点。チームの二けた得点は、
5月20日の巨人戦(東京D)以来だったと思います。その間、ロペスの離脱などもあり、
打線状態が厳しい日々が続いたので、こんなに点を取るのは本当に久しぶりの印象が
あります。


タイガース先発・秋山投手の状態が芳しくなかったことが、序盤から点を重ねられた
要因と思いますが、全体的に逆球が多かったように思います。秋山もストレートが
そんなに速いわけではなく、両サイドの厳しいゾーンや低めにボールを集める投球を
展開しないと、なかなか良い結果に結び付かないですね。もともとボールをストライク
ゾーンへ揃え過ぎてしまうきらいがあり、それにも増して、今日は甘い球が多かった
ですから、ベイスターズ打線もそれ相応に対処できた形です。


再三にわたって当ブログでもしつこく言及してきた通り、筆者はタイガース・秋山の
ファンでもあり、秋山が打たれる場面を見るのは、いくら贔屓の横浜打線でも、
あまりいい心持ちがしません。前回のスワローズ戦でも逆球が目立って大量失点して
いるんですね。持ち味である制球力に陰りが見えるのが気がかり。ランナー無しでも
セットで投げる工夫もしているんですが。
しかし今日なんかでも、3回裏の投球では、変化球が低めの厳しいところへ決まって
いたり、秋山らしい投球も垣間見えたのでね。それを全てのイニングで発揮できないの
はもどかしくて仕方がありません。


反面、ベイスターズ打線も今日は相手投手の状態の悪さに乗じて、点を取れた部分も
あり、パワーピッチャーの望月にはちょっと手こずったりしましたので、打線好調と
までは言えないような気がします。あしたの岩貞投手を攻略し、3-4点取れれば、
ようやくベイスターズ打線も本領発揮と言えると思います。


ベイスターズ先発の東は、若干制球にばらつきがあったように見えましたが、
ストレートは最速148を計測するなど、いつもどおり力のあるボールを放っていました。
6回先頭の陽川を遊ゴロに仕留めた段階で球数99球。ツメを割ったのかマウンドを
降りてしまいました。アクシデントの状態が心配ですが、今日も安定した投球を
見せてくれました。



ベイスターズ4番手 中後 悠平 投手

※画像は横浜DeNAベイスターズ公式HPより引用しました。
1回 37球 被安打3 被本塁打0 与四死球1 奪三振0 自責2


今日の投球だけで判断するつもりは毛頭ありませんが、やはり制球に難があると
いいますか、スライダーが甘く入る傾向にありますね。
5-6年前でしたかね、中後がマリーンズに入団したルーキーイヤーのオープン戦。
スポーツニュースの映像で投球を見たのですが、やたらえげつないスライダーを
投げる投手という印象が、今も頭にこびりついているので、なんとか復活して
ほしいと願うばかりです。



ベイスターズの二遊間

これにつきましては、ファン間でも様々な意見があろうかと思いますが、
筆者としましては、倉本を先発で起用するなら、遊撃を守らせたら良いと思って
いました。柴田を同時に起用する際でも、柴田を二塁で。
巷間で言われてるほど、倉本の遊撃守備は拙くないと筆者は思っています。
詳細を書くと長くなるので触れませんが、筆者はセイバーメトリクスの指標を
あまり信用していません。特に守備指標のUZRなんかは特に。


倉本は今日はマルチ安打ですか。初回の二死二三塁で、3-0から右飛を打ち上げて
しまうこともありましたけど、徐々に結果も出ているし、やはり倉本には期待を
かけて行きたいと思う。去年もシーズン序盤、打撃不振の時に昼飯抜きで練習に
励んだのではなかったか。倉本に限らず、全選手が一軍でいい結果を残そうと
死に物狂いの苦闘をしていることを考えると、ちょっとエラーしたとか、好機で
凡退したとかで、酷評したり、期待しないということは、やりたくないなーと
常々思っております。


今日はこんなところでいかがでしょうか。
やや散漫な内容となり、文章もちょっとおかしく読みづらい点もあろうかと
思いますが、ご容赦頂ければ幸いです。


(了)