マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

160. バットマン (FC)

バットマン
メーカー:サン電子
ジャンル:アクション
発売日:1989年12月22日





映画「バットマン」を題材にした横スクロール型アクションゲームですけども、
このソフトを入手したのは、確か社会人になってからで、中古で買いました。
グラフィックなんかはよく出来ていますけど、アクションゲームとしては
難易度が高い印象。得意な人なら普通に遊べると思いますが、筆者では無理です。


「バットマン」日本で公開された際は、映画を観に行きました。
1989年の年末、当時中学校2年生だった筆者は冬休み中で、歯の治療のために
都内の大学病院へ行った帰りに、有楽町の映画館でオヤジと母親と合流して
観たのだった。


もともと筆者は映画が嫌いなんですけども、「バットマン」だけはなぜか見たいと
思いまして、一家そろっての映画鑑賞と相成ったわけです。
まあ、中学生の頃なんてのは、親とどこかへ出かけること自体が苦痛で苦痛で
仕方がなかったから、映画の内容どうこうよりも、その苦痛の方が上回っていたから、
映画を楽しむという雰囲気になりませんでしたね。


ただ映画が終わってから、バットマンのロゴマーク入りの野球帽を買ってもらえ
ました。そのロゴマークが刺繍ではなく、フェルトを接着剤で貼り付けただけの
お粗末な品物でしてね、かぶったその日にマークが剥がれてしまいました。


映画鑑賞のあとは、銀座の「ライオン」とかいう酒飲み場にむりやり連れていかれ
ましてね、両親は酒飲みだからおいしく飲食しただろうが、こちらは中学生で
酒飲めねえから、面白くもなんともない。こんなとこ連れていくな!バカクソオヤジ!
と思いました。
店で何飲んだんだろうなー、どうせ、オレンチジュースとかコーラなんだろう。
さらに筆者の好みの食べ物もメニーに無くって、食べるものでも困ったのですが、
唯一食べられそうなフライドポテトを頼んだら、ポテトにパルメサンチーズが
ふりかかっていて、チーズが大嫌いな筆者は「要らん事すなーボゲー!」って
店員さんに叫びたかったですけどね。結局これも親が消化したんじゃなかったろうか。
まあ、いろんな意味で災難だったわけです。


ちなみに筆者の人生行路における映画館訪問は、中2の「バットマン」が最後。
それ以降では映画館に行ったことがないな。この先死ぬるまで行くつもりは無し。
また「ライオン」なる小洒落た飲み屋には、サラリマンになってから一度も訪問
したことはありません。


(了)