マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

161. がんばれゴエモン外伝 きえた黄金キセル (FC)

がんばれゴエモン外伝 きえた黄金キセル
メーカー:コナミ
ジャンル:RPG
発売日:1990年1月5日








当ファミコンゲームブログ記事も、ついに1990年代に突入です。まもなく終わりが
みえてきましたが、しかししかし、毎日(2018年7月24日現在)暑いですねー、
実に暑くて死むー。よって今回は手抜き記事とさせて頂きます。


というのも、今回のゲームはファミコン全盛期にリアルタイムで遊んでいなく、
つい最近というか、5-6年前に任天堂3DSの「バーチャルコンソール」から¥500で
ダウンロードして遊びました。なので今回は当ゲームにまつわる、中学校時代のマヌケ
エピソードは存在しません。大変に申し訳ありません。


ちなみにこれ、中学校2年時のクラスメート、当ゲームブログでは登場しまくりの
ブルーサンダー中本くん(仮名)が持ってた様な気がします。とにかくRPGばかり
買いまくってたなーナカモトは。なんでそんなにブルジョワジイだったというと、
過去記事でも述べたかしれないが、地主と農家の子だったんだね。隣町には
「ナカモト巨峰園」なんていう、小規模ながらブドウ園を経営していた。


で、このゲームを遊んでみての感想は、ファミコンにしてはグラフィック、サウンドが
よく出来ています。その辺はさすがコナミですね。コミカルなストーリーもなかなか
面白い。武器防具アイテムの購入・整理がやや面倒なのは仕方がないが、良くも悪くも
ファミコン時代のゲームだから、ストーリー後半になると、ダンジョンの構造が
やたらと複雑になったり、回復や魔法MPが追いつかんほどのHPが高く硬いザコキャラが
ワンサカ出てきてり、不親切な仕様多数。結局はクリアー出来ませんでした。


(了)