無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.8.3 DB × C (13回戦:横浜)

横浜DeNA × 広島 (13回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)東 (C)野村
スコア:DB 7x-6 C (延長11回)


(責任投手)
勝:藤岡(1勝0敗)
敗:一岡(1勝5敗1S)
S:


(バッテリー)
C:野村、永川、髙橋(樹)、中﨑、フランスア、一岡ー會澤、石原
DB:東、三上、三嶋、パットン、山﨑、砂田、藤岡ー嶺井


(本塁打)
C:メヒア2号(2回:東) 丸23号(7回:三嶋)
DB:宮﨑17号②(7回:永川)


(スターティングメンバー)


  【 CARP 】       【 BayStars 】
(遊)田中      (中)桑原
(二)菊池      (二)ソト
(中)丸       (一)ロペス
(右)鈴木      (左)筒香
(左)バティスタ   (三)宮﨑
(一)メヒア     (右)神里
(三)安部      (捕)嶺井
(捕)會澤      (投)東
(投)野村      (遊)柴田



試合の概況

広島は、3点ビハインドで迎えた9回に、メヒアの適時打、會澤の2点適時二塁打で
同点に追いつくが、DeNAは延長11回に、二死満塁から倉本の適時打でサヨナラ
勝利。本拠地での連敗を5で止めた。



延長11回裏、二死満塁からサヨナラの適時打を放つ倉本
※画像は2018.8.3付 サンケイスポーツWEB版より引用しました。


代打・ウィーランドの奇策成功 倉本サヨナラで劇的幕切れ勝利

今日の試合はAbemaで経過を追っていたんですけど、ちょっと野暮用があったり、
晩飯をモゴモゴ食うので外出したので、試合の方は、7回裏、筒香の勝ち越し適時打と
宮﨑の2点本塁打が出て、スコア、6-3ベイスターズリードの場面までしか見て
おりません。なので詳細な記事は書けませんが、まさか、山﨑が追いつかれて、
延長11回に投手のウィーランドが代打で出たり、倉本がサヨナラ安打で勝ったとか、
なんとまあ、アメージングな試合な事か!
いやー、ウィーランドの代打と、倉本のサヨナラ打の瞬間を
見たかったなー。
これ見逃したの超ショックですよ。でもチームが勝ててうれしいですね。


ベイスターズ先発の東も、6回途中まで内容のある投球を見せてくれました。
2回表にメヒアに打たれたソロ本塁打は、高めに抜けたスライダーでちょっと
甘いボールでしたけど、そのあとの會澤の左安打や、田中の中前適時打なんかは、
薄暮時間帯で外野手がボールを見失う不運が重なったもの。打ち取った当たり
でしたからね。そんな状況でも東は大きく崩れることがなく、以降もランナーを
出しながらも、ホームまで還さない粘りの投球を展開しました。
5回表、丸を3球三振に仕留めたストレート、二死一三塁から、メヒアを空振り
三振に仕留めた外角のチェンジアップは素晴らしいボールでした。


きょうはこんなところでいかがでしょうか。
試合を全部見ていたわけではないので、このへんで締めさせて頂きます。
勝負はこれからですから、暑い夏を気合いで乗り切ればまだまだいける。
今日のサヨナラ勝利が、再浮上の起爆剤となることを願っております。


(了)