無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

169. なんてったって!! ベースボール (FC)

なんてったって!! ベースボール
メーカー:サン電子
ジャンル:野球ゲーム
発売日:1990年10月26日



親ガメカートリッジ・子ガメカートリッジ という特殊仕様

親亀「本体カートリッジ」に新年度版データソフト「子ガメカートリッジ」を
装着すれば、安価な価格で新年度版野球ゲームが楽しめるという、何だかほとんど
意味のない仕様でした。
子ガメで発売されたのは「OBオールスター編」と「1991年版」の二つだけ。
親ガメの方は、そこそこ売れたのかな? 中古市場ではソフトを結構見かけました。
筆者は秋葉原行脚をしていた頃に、「トレーラー」というレトロゲームショップの
ジャンクコーナーに突っ込まれているのを50円で入手した。



12球団、1990年度のデータが収録されています。



球場は4つ。この時期発売された野球ゲームと同様、モデルとした球場は
東京D、甲子園、ナゴヤ、西武の4か所。



今回はブログ記事用に、大洋とダイエー戦で試合を行います。
ダイエーは、田淵監督1年目で、戦力的に悲惨なシーズンではなかったか。
シーズン途中に、抑えの「ゴッセージ」という投手をメジャーから連れてきた
記憶がある。ただ日本で活躍したかなー? 山内孝徳が抑えをやっていた事は
覚えていますが、ゴセージの方は印象が薄い。



こちら先発ラインアップ 左がホエールズで右がホークス。
2番に「まつばや」(松林和雄)が入っている。外野の一角が固定できなかった
んだったなー。他にも榊原総一郎とか、本村信吾とかカープから移籍の選手が
適宜起用された記憶がありますが、どの選手もパッとせず。





投打画面 よくある「ファミスタ」準拠の野球ゲームです。



守備画面も同様



適当にやってたら、負けましたがね。こんなに投手戦になるゲーム
だった?


野球ゲームとしては、まあ普通です。守備時の動きがモッサリしたり、打球の飛び方が
不自然などの欠点はありますが、慣れれば別に気になりません。
ただ、今回はオープン戦モードで試合しましたが、ルール変更のオプションで、エラー
無し設定できますけど、ペナントレースモードで始めると、オプション設定があり
ませんので、エラー有りがデフォ。そうなると、極端にエラーが頻発するゲームに
なりまして、目も当てられない試合展開になります。


(了)