マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.9.8 DB × S (21回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(21回戦) 横浜スタジアム 18:00
先発:(DB)今永 (S)カラシティー
スコア:DB 6-7 S


(責任投手)
勝:近藤(6勝3敗1S)
敗:パットン(3勝1敗)
S:石山(3勝2敗27S)


(バッテリー)
S:カラシティー、大下、秋吉、中澤、近藤、石山ー中村、井野
DB:今永、藤岡、エスコバー、三上、砂田、三嶋、パットンー伊藤


(本塁打)
S:雄平8号(2回:今永)9号(8回:パットン)
DB:ロペス20号③(1回:カラシティー) ソト29号③(5回:大下)


(スターティングメンバー)


  【 Swallows 】     【 BayStars 】
(一)坂口      (中)桑原
(中)上田      (三)宮﨑
(二)山田(哲)   (一)ロペス
(左)バレンティン  (左)筒香
(右)雄平      (右)ソト
(三)大引      (遊)柴田
(遊)西浦      (捕)伊藤
(捕)中村      (投)今永
(投)カラシティー  (二)石川



試合前、北海道地震の義援金を募る砂田ほかDeNAの選手たち
(※画像は2018.9.8付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)



9回表 ヤクルト雄平のソロ本塁打が決勝点

パットンが投げたボールは、高めのストレートだったでしょうか、逆方向へ
運ばれる手痛い一撃でした。
8回に同点に追いつく、ライトフェンス直撃の適時二塁打を放った、スワローズ宮本丈君の打撃も素晴らしかったですが、マウンドの三嶋も、回またぎ、球数嵩むと球威が
少し落ちますから、仕方がないかなと思います。



ロペス先制20号3ラン、追加点となるソト29号3ラン

初回の先制点となる、ロペスの3ランは、ヤクルト先発カラシティーのカット系の
ボールと思いますが、真ん中に入ったのを逃さず捉えました。
5回裏、追加点となるソトの3点本塁打は、スワローズ2番手・大下投手が投げた
外角低めのストレートを捉えて、スコアボード直撃の当たりでした。少し詰まった
ような当たりでしたけど、ぐんぐん伸びていくような打球でした。



ベイスターズ先発 今永 昇太 投手

4回1/3 93球 3失点


初回は3者連続三振という上々の立ち上がり。ですが、最速148kmを計時したストレートは走っていましたけど、スライダー、チェンジアップのキレ、制球は良くなかった
ですね。対右打者には、カーブも数球投げるも、外角への見せ球に出来る程度。
TVKテレビの解説、平松政次さんは、今永のストレートが走っているから、ストレート
でどんどん押して行けとおっしゃっていましたけど、それだと早い回で球速が落ちて
しまいますね。それが分かっているから、捕手の伊藤も、変化球を交えながらの配球を
選択せざるを得ないわけです。
そうやって様々な球種を投げさせながらでも、やっぱり、4回あたりから球速が
落ちてきてしまいました。そうなると、ストレート以外で頼れる球種が見いだせなかった
今日の今永では、相手打線を封じ切ることは難しい結果となってしまいました。


ただなー、今永は素晴らしい投手だと思うし、筆者としても応援している選手なので、
肩ひじに負担のかからないフォーム改造を模索したり、左打者に対するインコースの
ストレート、外角への変化球の精度を高めるなど、来年こそは復活してほしいと
願うばかりです。



6回表の投手交代考

6回表、スワローズの攻撃。
代打・畠山が四球で歩いて、二死満塁で坂口を迎えた場面。
マウンド上の三上を、そのまま続投させて、中前へ2点適時打を打たれて、6-5と
一点差まで迫られたケース。
結局、ここの2失点が、スワローズ逆転勝利の起点になった部分もあるから、試合の
流れを変えてしまった点では、三上の続投は結果として失敗。


実際に今日の三上は、ストレートも良くなかったし、全体的にボールが高かったから、
横浜戦で相性の良い坂口を抑えるのは、ちょっと考えにくい。
釣り球として高めに投げるところを、真ん中へ入ってしまいましたからね。
左打者の外角へ逃げていくシンカー系のボールも、一応持っていますけど、決め球で
使えるレベルではないですから、必然的に速いストレートで抑えるほかはないんですけど、そのストレートが走っていませんでしたからね。


ですので、やはりここは、左投手の中後か砂田を持ってくるべきだとも思いますが、
彼らが確実に抑えられたかというと、坂口の打撃能力を考えれば疑問符が付きますね。
ほんと、投手交代は難しいテーマだと改めて実感致します。


(了)