マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018プロ野球・日本シリーズ第2戦 朝日新聞(首都圏版)の紙面


前回に引き続きまして、2018日本シリーズ第2戦、朝日新聞(関東地方版)スポーツ
面の記事画像です。やはり白黒でした。画像にはありませんが、ホークスの動向を伝える紙面の方も白黒でした。おそらく、どちらかのチームが日本一になったら、カラーに
なるのだろうと思います。写真だけではなく、試合内容を伝える記事文章も、中国・四国
地方版より論調抑え気味かも知れません。


筆者(当ブログ主)は、横浜DeNAファンなので、今回の日本シリーズは見ておりませんが(やはりこういう試合は、両球団のファンでないと心底楽しめないものです。)新聞
の記事はしっかりと目を通しているので、シリーズの全試合、こんなかたちで紙面の
状況をブログにアップしたいと思います。


さて今日の記事で気になったのは、第2戦カープ先発のジョンソン投手が、ホークスの
強打者、柳田悠岐選手を抑えきったそうで。3回表(4回?)無死一三塁のピンチでも
柳田を抑えたとか、素晴らしい投球だったみたいです。
新聞記事を拝読したところ、ジョンソンー石原のバッテリーが、柳田のインコースを
執拗に攻め込むような配球を見せて、内角へのストレート、シュート系のツーシームが
有効だったと書かれていました。まさに理想どおりの投球内容ですね。


メジャーリーグのセイバーメトリクスでも、左投手が左打者を抑えるには、インコースを
攻め込める球種を持つことが重要というよりは、必修の条件らしいです。
つまり、左投手が、左打者のインコースへ投げられないと勝負にならないことが
データでハッキリと表れています。カープのジョンソン投手は、その能力を兼ね備えた
左投手ということもあって、柳田クラスの強打者も封じられたのでしょう。
やはり左でツーシーム系の球種を持っている人は強みがありますね。
同じセリーグだと、中日の大野雄大投手もツーシームを投げますけど、ここ2-3年は
そのボールに陰りが見えて、インコース勝負に踏み切れない点が低迷の要因。
あとはタイガースの岩貞祐太投手も、ツーシームを投げる。岩貞は一通りの変化球を
投げるし、制球やストレートの質も悪くないのですが、今一つ、殻を破りきれない
と云いますか、実力を出し切れていないもどかしさがあります。


そして我がベイスターズですが、左腕王国は砂上の楼閣に等しく、今期に関して言えば、
左打者のインコースへなんとか投げられていたのは、ルーキーの東だけ。
濵口、今永、石田が揃って先発で結果を残せなかったのは、左のインコースを投げられずに、外角一辺倒の投球に終始したことが最大の要因です。これ来期は確実に克服して
いかないと、また同じような結果になると思います。そしてインコースの克服が非常に
困難であることもまた然りなので、非常に頭の痛い現象ではあります。横浜の補強ポイン
トは「二遊間」とよく言われますけど、二遊間に優秀な選手を集める前に、やらねば
ならないことは、左投手が左打者に打たれまくる(阪神の福留、糸井 ヤクルトの坂口、
青木、広島の丸など)状況を是正することで、それがまず先決です。先発陣の底上げを
図っていかないと、来年も同じように最下位相当のチーム力に堕する結果となるでしょ
うね。


(了)