マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018プロ野球・日本シリーズ第3戦 朝日新聞(首都圏版)の紙面


前回に引き続きまして、2018日本シリーズ第3戦、朝日新聞(関東地方版)スポーツ
面の記事画像です。福岡へ舞台を移しても、両球団の勝敗に拘らず、どちらも白黒の
紙面構成で動向を伝えています。
第3戦のスコアーは、9-8ですか。壮絶な試合展開だったようですね。試合の方を見て
いないので細かいコメントは出来ませんが、新聞記事を拝読したにあたって、気になった
部分を2点だけ。


ホークス先発の左腕・ミランダ。6回途中、被安打7、3失点ながらも粘り強い投球を
披露したようです。ミランダ本人のコメントでは「内角、外角にしっかり投げ分ける
ことを意識したことがいい結果につながった」とあります。特に3回の満塁のピンチで
丸を三振に仕留めるなど、丸を完全に抑えたのが粘投につながったのでしょう。
やはり左打者の内外角を丁寧に投げ分ける事が重要です。ベイスターズの今永も、
去年は左打者に対しても内角を突く投球が出来ていたんですけどね。


それからカープの安部は、2本の本塁打ですか。
レギュラーシーズンの安部は、落ちるボールへの対応に苦慮して、一時期は打率1割台に
低迷してファーム落ちするなど(確かそうだったような、うろ覚えだったらごめん)
本来の打撃を発揮できない苦しい状態が続いて、サードのレギュラーも西川に持っていか
れた感じもありましたが、短期決戦の重要な場面で大きな仕事しましたね。元来、長打の
打てる選手ですから、甘いとこへくれば、スタンドまで持って行く力はある選手です。


あとはカープ先発、九里の代え時とか、いろいろ突っ込みどころ満載の試合内容だった
と思われますが、いかんせん、試合を見てないので、これ以上の言及は控えます。


今日は、東浜と野村の投げ合い。第2先発というか、ホークスは武田、カープは岡田が
序盤から継ぎこまれるような展開になるのでしょうか。両チームともブルペンは連投
連投で厳しい状況。中継ぎ以降の投手の出来と、守りのミスが出るか出ないか、その辺が
勝負のカギを握りそうです。


(了)