マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018プロ野球・日本シリーズ第4戦 朝日新聞(首都圏版)の紙面

前回に引き続きまして、2018日本シリーズ第4戦、朝日新聞(関東地方版)スポーツ
面の記事画像です。今日はホークスの動向を伝える紙面はカラー写真、カープの動向を
伝える紙面は白黒という体裁になっていました。


例によって、試合を見ておりませんので、新聞記事を拝読したにあたって、気になった
事項をいくつか。


「甲斐キャノン」こと、ホークスの甲斐捕手の強肩が相変わらず素晴らしいみたいで。
今シリーズは、盗塁刺しまくり、まだ許してないですか。甲斐については、横浜との
交流戦でしか見ていませんが、強肩のみならず、リード面、捕球面でも優れた捕手と
いう印象。何よりも表情に闘争心が漲っているのがいいですね。表情がいいんだなー
この選手は。


前日に凄まじい打撃戦のあとは、得てして打線が沈黙するものですが、第3戦は、東浜と野村の先発ということで、再び打ち合いの試合になると予想しましたけど、野村は早い回で崩れたとはいえ、東浜は5回1失点としっかりとゲームをつくり、両軍とも失策なし、比較的落ち着いた試合展開となったようです。
東浜は、シーズン後半、安定感を取り戻してきたのかな? パリーグの試合を見る機会が
ほとんどないので分かりませんが、シーズン序盤は、打ち込まれるケースが目立ち、ファーム落ちとかもあったので、そのイメージで東浜を見ていました。本来はこのくらいの
投球が出来る投手ではあるので、結果に驚きはありません。


カープ先発の野村ですが、年々徐々にではありますが、先発投手としての力量が低下傾向にあるのが気がかりです。
3回に二死から甲斐に安打を許し、上林の2点本塁打は、甘くなった変化球。
4回、デスパの本塁打は、インコースのシュート系が若干甘くなって打たれたようです。
野村のように、球威でおしていく投手ではないタイプだと、両サイドの厳しいゾーン、
あるいは低めにボールを集められないと、なかなかいい結果にはつながってこない
ですね。外角への対応に定評のあるデスパイネに対しては、内角を徹底的に突く
配球で間違いないが、多少甘くなっても球威で捻じ伏せられる位のボールを投げられる
投手でないと、抑えるのは容易でないでしょう。野村の右打者に対するツーシームも
低めの厳しいところ、ベルトから上付近も、際どいところへ正確に投げられれば、
物凄い有効に効くし、そういう球をコンスタントに投げられる投手だけど、球威がない分、甘くなると長打を打たれやすくなりますね。ちょっと悔いの残る投球だったと
思われます。


それから紙面では「コイ 打線つながらない」とありますが、ホークスの救援陣、
モイネロ、武田、嘉弥真、森に対して無安打という結果。この辺の投手に、本調子の
投球をされてしまうと、さしもの強力広島打線でも、攻略は困難だったでしょう。
つながらないのは仕方がない。CSでは西武打線も沈黙させた投手陣だから、割り切って
次戦に臨むしかないですね。丸に当たりが止まっているのも不安材料ですが、ホークス
バッテリーがしっかりと対策を踏んでいる、そして、その対策通りの投球が出来ている
投手陣のレベルの高さが窺える結果だと思います。


(了)