マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

実況パワフルプロ野球95 (PS)

実況パワフルプロ野球 95
機種:プレイステーション
メーカー:コナミ
ジャンル:野球
発売日:1994年12月22日


PS1のゲーム(レースゲー中心)で、遊んだことがない(遊んだことがあるのも含む)
ソフトを中古で入手して、当ブログで紹介していく企画特集、題して「ケチケチ・レトロゲーセットPS編」。今回は1994年12月にコナミから発売された「実況パワフルプロ野球95」を記事に取り上げました。ソフトの方は、先日、ヤフオクにて中古298円(送料込)で入手。


1994年12月発売というと、初代プレステの登場とほぼ同時期の発売なんですね。
その意味ではローンチタイトルの一翼を担う存在だったのかどうか。


このゲームについては、学生の時、同じ学部だった「大分むぎ焼酎・ニカイドー」君
(仮名)の下宿先にあったから、何度かお邪魔して試遊させてもらいました。
ニカイドーとは同じ学部とはいえ、第二外国語の選択が違ったから(ニカイドーは
確か中国語、筆者はドイツ語)クラスは別々で、どのようにして知り合ったかは
忘れました。筆者の大学の頃は、靴の通販ヒラキで買った超激安スニーカー(たぶん
780円相当のやつ)を学校へ履いて行ったら、半日でぶっ壊れたとか、そういうクダラ
ナイ記憶しかない。そんなマヌケエピソードは、どこかの回で書いたような気がするが、
また思い出したら、別稿記事でまとめることとしよう。
ニカイドーは、東北から上京してきた者だったけど、特段親しかったわけでもないし、
性格的にシケたところあったので、ユニークなエピソードは何も無し。ああ、そういえば、買い物の帰りかなんか知らんけど、前かごに食材を詰めたビニール袋を乗っけて、
顔を真っ赤にして、立ちこぎでチャリンコを飛ばしているニカイドーを何度も目撃した。
何も顔を真っ赤にしてまで、気合い入れてチャリをこぐこともないと思うんだが、
そんなツマランことはどうでもよろしい。


メニュー画面
このメニュー画面時に流れるBGMが良曲なので、動画アップしておきます。



実況パワフルプロ野球95 メニュー画面BGM


ブログ記事用に、横浜と中日で試合を始めてみます。



データは1994年度になっています。小桧山とかいるんですね。



中日にはジェームズがいました。


鹿島忠という投手もいましたね。中継ぎで渋い働きを見せた記憶があります。


攻守の画面、操作方法は、先行のスーパーファミコン版と同様だったため、
すぐに馴染むことが出来ました。


チェンジの画面。何種類かあるようです。


ピョコピョコ跳びはねる観客。なんかかわいらしい。


横浜の代打陣はこんな感じです。



負けましたがね。パワプロなので、操作性含めて良く出来ている野球ゲームですが、
打球が飛んで行かない感じですね。バランス的にかなり「投高打低」。ストレートに
タイミングをうまく合わせて打撃をするのが難しいです。スーパーファミコン版の
パワプロは、比較的打撃戦になりやすい仕様だったので、ちょっと違和感がありました。


(了)