マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

7. セレクション 選ばれし者 (GB)

セレクション 選ばれし者
メーカー:ケムコ
ジャンル:RPG
発売日:1989年12月28日



ケムコ帝国万歳!

ケムコっていう、ヘンテコな名前のメーカーから発売されたGB用RPGソフトです。
当ブログでは「ダウボーイ」「砂漠の狐」に続いて、第3弾目のケムコゲームと
なりますね。やはり「ケムコ」という響きはいいですよ。小学生のころ、このメーカー
の存在を知って「冷蔵庫に入れる(脱臭剤の)キムコみたいな名前だ!」と言って、
ゲタゲタ大笑いしたあの日から、筆者は隠れケムコファンなのであります。ほとんど、
ここのゲーム作品は遊んでないけど。


今回の「セレクション 選ばれし者」ですが、何年か前に、任天堂3DSのバーチャル
コンソールから、400円でダウンロードして、少し遊んだだけで放置しておりました。



バーチャルコンソールで遊ぶと、本体にゲームの進行データが保存できますが、オリジナルはバッテリーバックアップ機能なしで、パスワードコンテニュー方式。
ゲームを中断するときは、祈祷師の部屋に戻ってパスワードを聞く必要あり。
また主人公のHPとMPを回復する役割もあるため、何度もお世話になる存在。



移動は普通のRPGのように、フィールドマップを歩くのではなく、ファミコンの探偵系
アドベンチャーゲームでよく見られた「疑似3D迷路」方式。画面左下の矢印に合わせて
Aボタンを押下すると、その場所に移動して、画面の風景が変わる。3Dダンジョン系の
RPGみたいに、頭の中で位置関係を把握できていないと、どこにいるのか分かり辛く
なります。筆者はこういうのは苦手。方眼紙にマッピングしながら遊ぶのが好きな人
には楽しめる仕様かも知れませんが。



RPGなので敵もワンサカ出てきます。こちらは主人公「勇者」1名のみ。
敵は単体から複数まで出現パターンがあります。ややエンカウント率は高め。
移動に少々、頭や神経を使う為、頻繁に敵の出があるのはいかがなものかと。
ゲーム序盤は、まだ敵もHP少なめで簡単に倒せるから問題がないが、後半に進むに
つれて凶悪な強さの敵が頻出するらしい。




スタート地点から、少し奥まったところへ進んでいくと、魔法使い「マーテル」の館が。
門にカギがかかっていて入れない為、カギを入手することに。


広場の入り口に来ました。


広場には「トレント」という中ボスが。これを倒すと「マテールの鍵」が手に入る。


ということで「セレクション 選ばれし者」の紹介記事でした。
過去に投げっぱなしだったデータから再開しまして、それよりも少しだけ先の展開まで
ゲームを進めましたが、まあ、ゲーム自体つまらなくはないです。BGMなんかもよく
出来ているし、3Dっぽい移動方式も慣れれば結構楽しいように思う。これを機に、
ゲームクリアーまで遊んでみようかと思いましたが、色々調べてみると、後半から
やたらと強い敵が頻出して、攻略がかなり難しいゲームらしいので、辞めておきます。
ただし、クソゲーではないことだけは確かだと思います。


(了)