くだらないブログ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2. F-1 PILOT (PCE)

F-1 PILOT
メーカー:パック・イン・ビデオ
ジャンル:レース
発売日:1989年3月23日


これは2002年ごろに、秋葉原の「スーパーポテチ」にて中古¥300くらいで買ったと
記憶しています。結論から申し上げて大変につまらないレースゲームとなっております。
さらに電源ONしてタイトル画面時に流れるBGMが恐ろしく暗い曲なので、それだけで
ウツになってしまうな。
こんなの発売日に定価で買ったらヘコむ。とはいえ、このソフトが発売された1989年は
F1人気も高かったし、一見すると本格的なレースゲームに見えなくもないので、ゲーム
雑誌等の紹介記事を参考に、購入された方も少なくないと思われます。


ということで今回はF1ゲームだから、画像大量投下と参りましょうか、まずはゲーム中
収録全7チームから。


世界のポンタV10エンジン搭載の「マクラーリン」チームを筆頭に


御覧のとおりの7チームです。個人的には「ザクスピード」が入っているのに
ウケましたけどね。パラメータ上、チーム力に差がありそうですが、走ってみた
感じではどれも似たり寄ったり。
そういえば、ターボエンジン全廃は、1989年からでしたっけね。


ゲーム内容は、7チームのうち1チームのドライバーになって、ワールドグランプリを
転戦するというモードだけです。本来のF1グランプリは全16戦(1989年当時)ですが、
なぜかこのゲームでは、全8戦しかありません。
しかも、中断・パスワード・セーブ機能がないので、一度スタートさせたら、最終戦を
戦うまで、ぶっ通しで走らせることを強いられます。1戦あたり、予選は1周、決勝は
コースによって3周から5周程度なので、たいして時間はかかりませんが、それでも8戦
までとなると、1時間以上かかりますからね。セーブがないのはちょっとしんどい。
それ以前に、ゲームの仕様がクソ過ぎて、最後まで遊んでいられないという大問題が
あるのだけれど、まあ、とりあえず、当方は実機ではなく、エミュレータ使用なので、
それの中断機能を活用しつつ、始めてみましょうかね。



レース開始前にBGMを選べるのですが、エンジンはただブーブーうるさいだけの迷惑な
騒音系。「RACE 1」のBGMがこれまたタイトル画面のBGMに輪をかけて暗い曲なので
驚くやら呆れるやらで参った。


第1戦は「ブラジルGP」 まずは予選から


見た目は悪くないんですけどね。肝心のレース走行の仕様が酷い。
突然コーナーが現れて曲がり切れずに「縁石」に乗り上げるパターンに陥る。


予選は20番手


決勝レースは、周回ごとにピットサインが出て、その辺の雰囲気は
いいですけどね。レース自体が全くつまらん。コーナーは縁石に乗り上げながら
ごり押しで走っても何とかなるというレベル。もはやゲーム性は皆無。


適当に走っていたら、3位になってた。


しょぼいシャンパンファイト付。


第2戦はモナコでした。


風景はモナコっぽいのかなあ。しかしコースレイアウトがいい加減。


なぜか予選3位。



画像だけ見ると、確かに面白そうな本格的なF1ゲームをイメージする。


決勝は1位でした。適当に走っていますが、どうやって順位が決まるのかも
謎です。シャンパンファイト画像は省略。


第3戦はメキシコ いい加減続けるのが嫌になってきた。


走ってて、全然緊張感はないし、面白くないんですね。



決勝中に飽きたので止めました。


以上「F-1 PILOT」の記事でした。エミュレータの中断機能を使いながら、最後まで
レース続行しようと思いましたが、あまりのつまらなさに、さすがの筆者もお手上げ
でした。


(了)