くだらないブログ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

非力なノートPCでPS2エミュ(PCSX2)は正常に動くのか検証①

今回のテーマは、グラボをつまない(積めないという表現が正しいか)非力なノート
PCでプレイステーション2のエミュレータ(PCSX2)が正しく起動するかどうかの
検証です。最初に結論から申し上げますと、ノートPCだとおそらく、ゲーミング
ノートPCクラスのハイスペックマシンじゃないと、実機並みの動きはできないと
思われます。筆者が所持している、数年前の型落ちレベルの中古ノートPCでは、

(スペック)

Core i5 3320M 2.6G

Intel HD Graphics 4000

メモリ 4G(2+2)

起動はするけれど、滑らかな3D表現が全く追い付かずに、遅延しまくり。
まともにゲームなんか出来たものではありません。
まあね、そんなことは分かり切っていながら、あえて、実験的な意味合いも含めて
検証していきたいと思います。


まず最初に、プレイステーション2と筆者の接点についてからお話したいと思いますが、
ハードの登場は2000年の3月。発売当初から欲しいと思っていましたが、出始めのころは
「初期不良」が頻発して安定感を欠いていたので購入を見送り。
筆者がPS2本体を買ったのは、2000年の9月ごろですね。型番15000のもので、スクウェアー発売のリアル系野球ゲーム「劇空間プロ野球」とセットで買いました。
「劇空間プロ野球」はクソでしたけども、その後いろんなゲームソフトで本体は大稼働。
筆者のゲームライフの中では、一番、多くのタイトルを遊び、また最もおもしろかった
ゲーム機だったと思います。


その後、2003年11月に、型番50000の本体へ買い換え。古いほうの15000の機種も
本体故障があったわけではなかったが、購入から3年経過でかなり使い込んでいたし、
型番50000で本体価格の値下がりもあっての買い替えです。
ただこの型番50000は、「ドラクエ8」と「グランツーリスモ4」で酷使し、とどめは
2005年3月発売の「プロ野球スピリッツ3」を実況・解説フルボイスで遊ぶという
ディスクドライブにやさしくない扱いをしていたら、壊れてしまいました。


3台目の買い替えは、PS2薄型本体、型番-70000ですね。ACアダプタ式でディスク
トレイを上から手動で開ける形式。構造からして安っぽいつくりで、耐久性に懸念を
持ちましたが、思いのほか大きな障害もなく長持ちしました。70000番台の本体は、
ゲームディスクにキズが付くなどのトラブルがあるようですけど、筆者はそういった
ケースに見舞われたことはありません。2005年の6月ごろ購入して、本体を手放した
2013年の夏ごろまで、一度も故障なく動きました。手放したのはかなり後悔して
いますが。


本体を手放した2013年ごろは、筆者の精神状態が芳しくなく、所持しているものを
断捨離したくて仕方がなかった。その一環でいろんなゲームハードなどを処分して
しまったが、その時によく立ち寄った「ブックオフ」で100円だか200円のケチな
文庫本(古本)を買うたびにレジの人が


遊び飽きたゲームーゥ!


ってうるせえから、なんとなくブックオフで売り払ってしまいました。
なんと残念な。そこそこ希少価値のあるPS2薄型本体を手放すとは。
今現在、再び、PS2のゲーム遊びたくなるとは思いませんでしたからね。


とりあえず、PS2の厚型(薄型はあまり好きではない)50000番台で状態の良さそうな
中古本体をヤフオクで物色中。近々入手したらリポートします。
今シーズンは、外部検索でお越しになるゲームファン向けにも、レトロゲーム
(旧世代ハード)の話題を重点的に、くだらない話題をお届けして参る予定。
ただし、予定は未定ですから期待はなさらないようお願い致します。


さて、筆者のノートPCにて「SCPX2」を起動するにあたっては、本体の設定として

電源の細かな設定は、上の画像の通り、システム冷却ポリシーは「パッシブ」、
最大のプロセッサー状態を「70%」に設定。
これ100%にすると、常時ファンが回るので非常にうるさい。その騒音は、数十年前の
インバーターエアコンの「強風」並み。
ただ「SCPX2」の起動中は、試しに「100%」にしてみたが、処理速度に大きな変化は
無し。いずれにしてもPS2のエミュをストレスなく動かすには、スペックが全然足りない
というだけの話。


もう一つは、エミュレータ(PCSX2)側の設定だが

このように、スピードハックの部分だけ、調整をしてあげれば、もしかしたら、
3D処理の少ない、あるいはほとんどないRPG、シミュレーションゲームなら、それなりに動いて、遊ぶのに苦慮しない場合があるかもしれません。


次項の検証結果でも触れますが、3D処理がメインのレースゲームなんかは、カクカク
した感じで動くので、一般的なノートPCでは遊べません。なので、高性能のゲーミング
PCを入手するしかないでしょうね。


紙幅が尽きたというか、やや長くなったので、エミュレータの検証結果は次の記事で。
続きはまた後で書く!


(後半へ続く)