2017.7.5 DB × T (10回戦:横浜)

横浜DeNA × 阪神(10回戦) 横浜スタジアム 18:00
先発:(DB)濱口 (T)メッセンジャー
スコア:DB 4-1 T


(責任投手)
勝:濱口(6勝3敗)
敗:メッセンジャー(7勝5敗)
S:山﨑(康)(1勝1敗11S)


(バッテリー)
T:メッセンジャー、岩崎、藤川、山本ー梅野
DB:濱口、加賀、三上、山﨑(康)-髙城
  
(本塁打)
T:
DB:石川2号(5回:メッセンジャー)


(スターティングメンバー)


  【 Tigers 】          【 BayStars 】
(三)鳥谷      (中)桑原
(二)上本      (二)石川
(右)糸井      (左)筒香
(左)福留      (一)ロペス
(一)大山      (三)宮﨑
(中)髙山      (捕)髙城
(遊)大和      (右)梶谷
(捕)梅野      (投)濱口
(投)メッセンジャー (遊)倉本


視聴環境:TVKテレビ


両軍合わせて、15個の与四球。残塁は20以上を数える試合でした。
試合時間が長かったので、翌日更新となりましたが、今後もナイトゲームの
場合は当日ではなく、頭がクリアになっている翌日に記事をまとめた方が
よさそうです。



タイガース先発 メッセンジャー投手

2回以降から珍しく制球に苦慮して四球を出すケースが多かったです。
緩急をうまく使い、低めに丁寧にボールを集める投手ですが、今日はその本来の
投球とは程遠い内容。
配球の中でカーブの割合が、少なかったように思います。
ストレートは150km以上出ていたので、球威は問題ありませんでした。


2回裏、一死1・2塁の場面、梶谷を投ゴロ併殺に打ち取ったボールはストレート。
コースは厳しいところではなかったですが、球威が勝りました。
また、3回裏、一死満塁の場面で迎えた筒香も、二ゴロ併殺に打ち取りましたが、
外角低めへ沈んでいくチェンジアップか、スプリット。
うまく引っ掛けさせた形。要所ではいいボールが来ていたのは確かです。


あとは、ベイスターズの打者にファールで粘られる機会が目立ちました。
3回裏の石川と、5回裏のロペスですが、ともに3-2のフルカウントでしたから、
ストレート一本で行かざるをえなかったでしょう。


4回裏、梶谷に打たれた「左二塁打②」は、カウント3-1からのボール。
打球はレフト福留の手前、ワンバウンドになるものを単打で止めようとした
福留が照明に視界を遮られて、後ろへ逸らした内容。
福留選手が横浜スタジアムで左翼を守るのは、おそらく初めてのはずです。
去年から照明塔をLEDに代えて、光の輝度が上がっているので慣れていない
ビジター選手は戸惑うかも知れません。
交流戦でも、バファローズのT-岡田が、レフトを守って打球を見失うケースが
ありました。



5回表 タイガースの攻撃

ベイスターズ先発の濱口が、糸井、福留を連続でストレートの四球を出します。
今日の濱口も、相変わらずの制球難。解説者によっては、適度な荒れ球がいいんだとか、
四球は出しても点を与えてないからいいんだという評価をされています。
まあ、一理あるでしょうが、筆者は投手の生命線は制球力と思っているので、
現状の濱口を過大評価するつもりはありません。確かにいいピッチャーですけども、
投球回数分は四球を出してしまう、常にフルハウスにしてしまう投球は、
いかにもテンポが悪く、攻撃陣にも悪影響を及ぼす可能性があるからです。


で、無死1・2塁のチャンス。回の先頭から続けての四球なので、横浜側からすると、
失点を覚悟せねばならない嫌な流れ。
次打者の大山に対しても、1,2球がボール。さらに3球目の外角チェンジアップも
明らかなボール球でしたが、大山が手を出して空振り。ここは濱口を助けて
しまいましたし、試合の流れを阪神側へ引き寄せ切れなかった大きなポイント
だろうと思います。
大山も結果を出したい一心で、ボール2からストライクがくるだろうと思って
手を出したでしょうか。相手が濱口で制球難ということが念頭にあれば、
バットを出すのを躊躇できたかも知れません。
結果4球目のボールを叩いて、投ゴロ併殺。打球を処理した濱口も、
なぜかサードへ投げてしまい、1-5-3という珍しい併殺が完成しました。


タイガースの新人、大山ですが、素人目で見ても構え方やバットの出方に
欠陥がないのがいいですね。この手のパワーヒッタータイプにありがちな、
ドアスイング傾向にないのが良い。打席に立った時の雰囲気もいいと筆者は
思いました。実戦経験を積めばクリンアップを常時打てる打者に成長するのは
間違いないでしょう。



バント失敗とバント策を取らないことの弊害

2回裏、ベイスターズの攻撃。(ロペス死球、宮﨑が右安打)
無死1・2塁の場面で髙城が犠打失敗しました。まんま投ゴロのような
強いゴロにしてしまって、三封。
さらに、6回裏、3-1リードの展開とは言え、先頭の倉本が左安打で出塁しても、
桑原に普通に打たせて中飛。ここは犠打を敢行して、追加点の確率を高めて
いくケース。


反面タイガースは、4回表に先頭の大和が中安で出塁した後、梅野がキッチリと
投犠打で送っています。


ベイスターズのここまで、犠打35 盗塁25はともにリーグワースト記録。
盗塁が少ないのは仕方がないとして、犠打数が少ないのは大いに問題です。
ただ打っていくだけで点を取るのは、打線が好調気味の今なら良いですけども、
いずれまた打てなくなる時期が来るはずなんで、その時に細かい野球が
出来ないと試合を優位に進めていくのは困難と思われます。
本気でカープを追撃しようと思ったら、ここが大きな問題点。


今日はこんなところでいかがでしょうか。
文章が相変わらず下手なのはご愛敬ということで。
これは練習でどうこうできるもんじゃないですな。筆者にはセンスがない。
あと、変化球マニアの筆者としては、阪神の岩崎投手も気になりますが、
その辺の話はまたどこかで。キリがないのでこれでアップします。


(了)