マルハ大洋スポーツ(ストーブリーグ突入版)

セリーグファンの為のコミニティ新聞です

野球雑談(2017.7.6)

黒羽根トレードの報にビックリ

※ちょっと急ぎなのでフォト無しで


TVKの中継がはじまるー!



以下、かこみ部分は、日刊スポーツWebから引用。
この件はいろいろ書きたいことがありますが、まもなく試合開始、テレビ
かじりつきモードに入るので簡潔に。


日本ハムは6日、エドウィン・エスコバー投手(25)と

DeNA黒羽根利規捕手(30)の交換トレードが成立したと発表

した。


エスコバーは今季から日本ハムでプレー。14試合に登板し、

1勝2敗、防御率5・64。

今季12年目の黒羽根は通算336試合に出場。

昨季と今季は1軍出場に恵まれていなかったが、新天地で再出発することになる。


夏場の戦いに向けて、左の中継ぎを補強したいDeNAと、実績のある捕手を
獲得したい日本ハムの思惑が合致したという点では、話として良く理解できます。


黒羽根のように、1軍マスクの経験豊富な選手を簡単に出してしまっていいのか?
という疑問も無きにしもあらずですが、現状、ベイスターズの1軍は、
戸柱、嶺井、髙城の3人体制でうまくまわり、黒羽根の出番は無し。
ファームにも、西森、亀井という捕手がいるので特に問題はなし。
(ただし、今年のドラフトは必ず捕手を1名は指名、獲得すること!!!!!)


黒羽根にとっても、1軍で出れる機会に恵まれるならば、新天地への移籍は
渡りに船であっただろう。


また、ファイターズからベイスターズへ移籍してくる、エスコバー投手の
コメントが実にいい。


エスコバーは球団を通じて「日本球界でプレーする機会を与えていただいたファイターズには感謝しきれません。まるで母国でプレーしているかのように、野球に専念できる環境を整えてくれた球団スタッフの手厚いサポートがなければ、今回の移籍話も舞い込むことはなかったと思います。栗山監督やコーチの皆さん、チームメートもとても温かく迎えてくれましたし、何よりも、いつも温かい声援を送ってくださるファンの方々と北海道を離れることを考えると胸が締めつけられる思いです。このチャンスをふいにすることなく努力を重ねて、新天地での活躍を誓います。これまでの経験は生涯忘れることはありません。本当にありがとうございました」と、コメントした。


これです。ビックリしました。
ファイターズでの登板成績は防御率5点台と芳しくないですが、
夏場のブルペン陣を支える存在になってくれると期待します。また、25歳と
若いですから、長期にわたって「日本球界で育てていく」感覚で見守るのも
悪くないと思います。コメントの内容を見る限り、クレバーな選手ですね。
チームの勝利へ貢献すること、日本球界で成功させるために、精いっぱい
努力してくれるはずです。


またチームを去ってゆく、黒羽根選手には、TBS暗黒時代からマスクを
被っていたこともあって、馴染み深く惜しい気持ちが拭えません。
球界No1の強肩と、しぶとく右方向へ安打を放つ打撃も、印象深いです。
12年間お疲れ様でしたの思いでいっぱいですね。
もちろんファイターズから望まれて行くのですから、新天地での大きな
飛躍を祈念したいと思います。


(了)