野球雑談(2017.7.9)

祝 田中 浩康 通算1,000本安打達成


2017年7月9日 中日 対 横浜DeNA(14回戦:ナゴヤ)において、

プロ13年目の田中 浩康選手(35歳)が6回二死満塁の場面で中前適時打を放ち、

プロ野球史上287人目となる通算1,000本安打を達成しました。


スワローズ時代からコツコツと積み上げてきた偉業の達成に、

ファンの一人として祝福したいと思います。


前年オフに、スワローズを自由契約という憂き目にあいながら、

辿り着いた横浜の地での記録達成に、胸に去来するものも多かったろうと

思われます。


筆者は春先のキャンプで、田中 浩康が二塁の特守ノックを1時間受けたとの

報道を見聞きした際(ノッカーはラミレス監督。二人ともよくやったと思う)

錆び付きつつあった二塁守備の感性を取り戻して、必ず1軍に欠かせない

戦力となってくれるものと確信しました。

その通りになって、大変に心強く思います。


浩康の復活劇が、いい歳してチャラ男感覚が抜けなかった石川の根性を

叩き直し、宮﨑でさえポジションが危ういという危機感を植え付け、

柴田や山下 幸輝らの若手の奮起を促すという、二重三重の波及効果を

もたらしました。これはチームにとって非常に大きい。


ペナントレースもこれからが佳境。優勝争い、そして、Aクラス以上が絶対条件の

ベイスターズにおいて、今後の過酷な戦いに向けて、まだまだ田中 浩康の

活躍が欠かせません。故障に注意して「いぶし銀」の活躍を期待したいと

思います。


最後に彼の応援歌歌詞を


♪ 強気でどんな球も しぶとく打ち返せー

 さあ行こう横浜で 輝けよ浩康!


(了)