マルハ大洋スポーツ(ストーブリーグ突入版)

セリーグファンの為のコミニティ新聞です

2017.7.21 DB × G 試合前大展望

命の限り戦い抜かう!! 

対讀賣戦

皆さん!ごきげんよう
暑い日が続いておりますが、夏バテしている場合ではない!

今日から我が大横浜軍は、ホームで讀賣を迎えての3連戦である。
試合開始2時間30分ほど前でありますが、筆者はヒートアップしてきた。


筆者の体内を駆け巡るベイスターズブルーの血液は、
すでに500度まで大沸騰しているのら!


こういう状況で万が一、敗戦でもされましたら、筆者の血圧は800くらいまで
上昇して即死状態になりますので


ベイスターズ戦士の皆様、頑張ってください。


さて今日の試合は、井納と田口の両先発。


ジャイアンツの田口は、ここまで8勝2敗 防御率2.09と
非常に安定した投球をみせています。
ベイスターズ戦では5月に一度、完封を喫している。
なので嫌な相手ではありますが、スライダーやストレートを低めに丁寧に
投げてくる投手なので、本来の調子どおりの投球をされたら、まず、
打ち崩すのは難しいとみていいだろう。


(巨人 田口の配球割合)


筆者の記憶が正しければ、田口はカーブのような緩めのスライダーと

カット気味に曲がる速めのスライダーを、ゾーンの四隅にきれいに球を

集めてくる投手ゆえに、狙いが絞り辛く、そこに138kmのストレートも交えて

緩急も付けてくるから、タイミングもとり辛く厄介である。


狙いは一つ。スライダーの被打率が222 チェンジアップの被打率が250

というデータがある以上、緩めのスライダーか、あるいはチェンジアップで

何球かは高めに甘くなっていくボールがあるはずなので、それを正確に叩くこと。

なんとかそこに攻略の糸口を見出して、3点は獲りたいところです。


ロースコアの展開にしないとおそらく勝つのは難しいので、

ベイスターズ先発の井納の好投も必至。



6回ー7回まで1失点以内に抑える、完璧投球を期待します。


頼むぞ!井納 井納頑張れ! 

頑張れ!みんなのベイスターズ!


(了)