2017.7.27 T × DB(14回戦:甲子園)

阪神 × 横浜DeNA(14回戦) 阪神甲子園球場 18:00
先発:(T)岩田 (DB)石田
スコア:T 10-3 DB 


(責任投手)
勝:岩田(1勝0敗)
敗:石田(3勝4敗)
S:


(バッテリー)
DB:石田、田中健、砂田、三嶋ー嶺井
T:岩田、メンデス、髙橋、桑原、松田ー坂本


(本塁打)
DB:桑原11
T:中谷11 大山3


(スターティングメンバー)


  【BayStars】        【 Tigers 】
(中)桑原      (中)俊介
(二)田中浩     (遊)北條
(左)筒香      (左)大山
(三)宮﨑      (一)ロジャース
(一)後藤      (右)中谷
(捕)嶺井      (三)鳥谷
(右)梶谷      (二)大和
(投)石田      (捕)坂本
(遊)倉本      (投)岩田


本日の視聴環境:NHK-BS1



ベイスターズ先発 石田 健大 投手

出来としては普通。ストレートは140km程度。
2回裏の大和、4回裏の北條、5回裏の俊介、北條に対してフルカウントに
してしまった為に、6回を投げ切って球数は111球と多め。
かといって制球に苦しんでいたわけではありません。
右打者のインサイドへ投げ込むストレートが良かったですね。


4回裏は、先頭の北條に対して2-2の並行カウントから投げた際どいコースの
球をボール判定されたのがやや不運か。ストライクと判定されてもおかしくない
ボールだったのですが、結果として四球で先頭打者を歩かせることに。
続く大山には、0-2と追い込んだあとで低めのチェンジアップを投げましたが、
ボールゾーンの球をうまく拾われて中安打。
ロジャース二飛のあと、中谷ですね。左中間への逆転3点本塁打。
インローを狙って投げたストレートが、逆球気味になってやや真ん中寄りに。
失投と言えば失投ですが、高さは悪くなかったので、打った中谷を褒めましょう。


石田の失点はこの回だけ。6回111球と球数は多めも3失点とゲームはつくりましたし、
4回以外はほぼ完璧な投球でしたので、内容としては問題ないと思います。



タイガース先発 岩田 稔 投手

筆者が岩田投手を見るのは、ほぼ1年半ぶりになります。
去年は確か、ジャイアンツ戦で先発したのを映像で見たのですが、ストレートの
球威がなく、変化球でかわすピッチング。その変化球も甘く入りがちで
かなり苦しい投球を強いられたことを記憶しています。


今回の登板は、今季1軍初登板で初先発となったわけですが、ストレートが最速
144kmを計測していたので、真っ直ぐの球威が戻っている点が印象的でしたね。
スライダー、そして落ちる球(チェンジアップかフォークか判然としませんでした)
の出来も悪くなかったと思います。


いい当たりをされたのは、2回表の倉本に対して中前適時打を打たれたボールだけ。
これは落ちる球がど真ん中にいってしまったので仕方がありません。


岩田は5回 85球 被安打4 与四球5 自責2 
四球が5つと多かったですが、内訳は筒香2 敬遠の梶谷1 ゴトタケ1 石田1
投手の石田にストレートの四球を出したのはいただけませんが、
ランナーを出した後はしっかりと後続を抑えた投球が実っての今季初勝利。


ベイスターズは、能見や岩貞、ジャイアンツの田口など、左投げでスライダーを
得意とする投手をやや苦手としている傾向にあるので、次回の対戦時にも岩田が
出てきて、今回のような投球をされると厄介です。
意外といっては失礼ですが、岩田が144kmのストレートを投げるとは考えても
いませんでした。真っ直ぐの球威が回復傾向にあるということは、投手として
終わっていない証拠です。その点で岩田が全盛期の時期とまではいかないまでも、
5~6回をゲームメイクする先発として復活する可能性は否定できないと思います。



8回表 ベイスターズの攻撃

先頭の宮﨑が左安打で出塁、次の後藤が遊ゴロ。これで併殺というところで
遊撃手の北條がファンブルして無死1・2塁。
続く嶺井が、投前に犠打を決めて1死2・3塁。


相手からもらった絶好のチャンスで、梶谷が初球、高めボールゾーンの
ストレートを打ち上げて二飛。らしいといえば梶谷らしい淡白な打撃。
代打で出た荒波も遊飛で無得点。
折角のチャンスを台無しにしてしまいましたが、タイガースの桑原投手のボールに
力があり、そう簡単に打てる相手ではないことも確かです。



8回裏 7失点

ここ数試合、砂田の投球内容が悪いです。開幕から勝ちパターン時の中継ぎ
として頑張ってきましたので疲労が大きいのでしょう。
まだ若い投手だし、いずれは先発で使いたい投手でもあるので、自信喪失や
故障は厳禁。ここは一旦ファームで調整させた方がいいと思います。



総括

タイガースの先発が裏ローテだったとはいえ、現に岩田や岩貞を打てなかった
わけでして、2勝1敗の戦績に文句はないものの、今後の対戦で岩貞、岩田、
能見、メッセンジャーをベイスターズに集中してぶつけられると、苦しい戦いを
強いられるのだろうという危惧だけが残りました。


(了)