2017.7.29 G × DB(16回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(16回戦) 東京ドーム 18:00
先発:(G)菅野 (DB)井納
スコア:G 5-1 DB


(責任投手)
勝:菅野(11勝4敗)
敗:井納(4勝5敗)
S:


(バッテリー)
DB:井納、平田、三嶋ー戸柱
G:菅野、マシソンー小林


(本塁打)
DB:
G:阿部11


(スターティングメンバー)


  【BayStars】        【 Giants 】
(中)桑原      (中)陽
(二)柴田      (二)マギー
(左)筒香      (遊)坂本勇
(一)ロペス     (一)阿部
(三)宮﨑      (三)村田
(捕)戸柱      (左)亀井
(右)梶谷      (右)長野
(投)井納      (捕)小林
(遊)倉本      (投)菅野


視聴環境:NHK-G


NHKーG の「G」って何ですか?
前から疑問に思っていたのです。
NHK-Eの「E」はエヂュケーション(教育)で分かるのですが、「G」は何やろ?


それはさておき


最初に試合の総括

試合は負けましたが、ヒット8本打ってますから特に問題ありません。
相手は菅野でしょ?あれに本調子の投球をされたら中々打てないです。
まあコイツが投げると試合が動かんから、見ていて非常につまらないのではありますが。
たまにはね、オレンジ色の雑巾をグルグル振り回すアタマの悪い巨人ファンにも勝利の
楽しみを享受させないといけません。折角の夏休みですから。



ということでクソクソおもろくない試合でしたので、指摘事項は2点。



ベイスターズ先発 井納 翔一 投手

初回が全てでしたかね。マギーに打たれた左安打は甘いスライダー。
坂本にはファールで粘られながら、2-2から149kmのストレートで見逃し三振。
この坂本に対する投球は素晴らしかったのですが、以降は集中力を欠いたか。
阿部をストレートの四球に出してしまったのは余計ですね。
折角坂本を三振にして2アウトまでこぎつけたのですから、それほど調子がいいわけ
ではない阿部の何を嫌がったのか?


以降、
村田 右中間2塁打① 
亀井 一内安打①
長野 右中間適時打② で一気に4失点


全部シュート回転で投げてしまったボール。


3回の阿部の本塁打は仕方がないとして、初回だけでしたね集中打を浴びたのは。
井納は時折、エアポケットに入ったように連続して打たれることがありますが、
それが初回に出てしまいました。


6回まで投げて107球 三振も6つ奪ってますから、ストレート、スライダー、
フォークの出来も良かったです。初回の乱調が勿体なかった今日の井納の投球です。



9回表 ベイスターズの攻撃

ジャイアンツのマウンドは、2番手のマシソン。
少し球威がなかったように見えたので、逆転を秘かに期待したのですが、
二死満塁から柴田が見逃し三振でゲームセット。初球、マシソンのストレートに
全く合っていない空振りをしましたので、こりゃダメだと思いましたが。


以下概況


戸柱 四球(代走:西森)
梶谷 右安打 (初球を叩く)
代打:後藤武敏 左飛(初球を打つ)
倉本 空三振
桑原 四球(二死満塁)
柴田 見逃し三振


でゲームセット。


ポイントは太字のとこな。
代打の後藤武敏。後藤も右の代打要員として、先週一軍へ上がってきたのですが、
一軍昇格直後の代打でも(先週の巨人戦)初球を打って、力のないレフトフライに
終わっていますので、それを思い出しました。


今年の後藤はちょっと一軍で活躍するのは難しいんじゃないですか。
2日前のタイガース戦でもスタメンで出ましたがノーヒット。
素人目に見ても、スイングスピードが遅くなているように見えます。


今日も代打で出てくるのがおかしい。
この場面なら、左打者を続けて一気呵成といかなければ。マシソンは左打者に
投げ辛そうにしていましたから。
それを踏まえると、代打は乙坂を送るべきでしたね。結果はともかくとして。
乙坂も荒波や後藤に比べると、代打の優先順位が低いようですが、
効果的に起用しないのであれば、ファームに落としましょう。
まだ若いし。二軍の試合で4回打席に立たせて、守備にも付くというリズムを
保たせないと、年々劣化していくような気がして心配です。


(了)