2017.8.8 S × DB(16回戦:神宮)

東京ヤクルト × 横浜DeNA(16回戦) 明治神宮野球場 18:00

先発:(S)山中 (DB)久保康
スコア:S 8-5 DB


(責任投手)
勝:山中(2勝4敗)
敗:久保康(4勝2敗)
S:ルーキ(3勝4敗2S)


(バッテリー)
DB:久保康、田中(健)、パットン、三上ー戸柱
S:山中、近藤、松岡、石山、ルーキー中村


(本塁打)
DB:筒香16 戸柱7 梶谷13
S:バレンティン24 山田17 リベロ3


(スターティングメンバー)


  【BayStars】      【 Swallows 】
(中)桑原      (右)坂口
(二)柴田      (中)山崎
(左)筒香      (左)バレンティン
(一)ロペス     (二)山田
(三)宮﨑      (一)リベロ
(捕)戸柱      (三)藤井
(右)梶谷      (捕)中村
(投)久保康     (遊)奥村
(遊)倉本      (投)山中


本日の視聴環境:NHK-BS1


6回表無死、戸柱に続いて2者連続本塁打をレフトスタンドに叩き込む梶谷選手。



3連敗

敗因はハッキリしていて、ベイスターズの投手陣が、長打力のある打者に対して
早いカウントから打ちごろの甘いボールを投げ、それを打たれていることです。
前カードの広島戦から、本塁打を打たれ過ぎているわけですが、打者に対する
配球の組み立てに慎重さを著しく欠いている点、低めに丁寧に投げる事の
意識付けが足りない点を是正する必要があるでしょう。


あとは捕手の戸柱ですが、サイン交換のあとでカーブや沈む球といった
縦変化のボールを低めに要求している際に、ミットを地面に何度も叩きつける
動作をすることです。これは今すぐ止めた方が良い。
打者は気配で分かりますから。コースと球種が同時に読まれてしまいます。



ベイスターズ先発 久保 康友 投手

ストレートは最速144km カーブのようなスライダー(注:これを投げる時の
ボールの握りを見ると、フォークのような握りになっているのだが)
シュート系のボールの3球種を中心とした投球。
フォークボールはほとんど投げていませんでした。
ボール自体は結構走っていて、初回と2回は危なげのないピッチングでしたが、
3回裏に突如制球を乱します。スライダーが大きく外れるボールが多くなった。
それに加えて甘いボールも目立ち始めました。


3回裏を時系列で表すと


奥村 左中2塁打 (1-1からストレートがど真ん中)
山中 投前犠打
坂口 四球 (1-2と追い込んでからストライクが決まらずに苦しい投球)
山崎 四球 (ボール先行 スライダーの制球が定まらない)


※ここですな。まだ1軍での実績が乏しい山崎を簡単に歩かせたのがまずい。


バレンティン 初球の三邪飛を宮﨑が捕球できず。
       打ち直しの2球目 高めの甘いストレートをレフトへ満塁弾。


バレに対しては、初球も甘かったですけどね。打ち損じてくれて三邪飛。
サードの宮﨑は最初から飛球の行方を見失なっていました。この失策は
非難しません。野手にエラーはつきものですから。
しかし、打ち直しの2球目に甘いボールを投げてしまったバッテリーの
不用意さには首を傾げざるを得ません。


5回裏に打たれた山田の2ランも、1-0の早いカウントから、インコースやや
高めにシュート系のボールを投げて打たれたもの。厳しいコースではありません。
確かに今回の久保は、スライダーの制球に難点があって、シュート系の
ボールに活路を見出したい意向は分からなくもないが、低めに沈むような
ボールにならなかったので、必然的に甘いところへ行ってしまいました。


とにかく一発のある打者には低めを投げていくのが鉄則ですので、
フォークボールをうまく使いながらの組み立てはできなかったのかという
疑問があります。



3回表 ベイスターズの攻撃

スワローズ先発の山中投手を攻略するならこの回かなと思っておりましたが、
一死2・3塁という絶好のチャンスで、宮﨑(二ゴロ)戸柱(遊飛)と凡退して
攻撃終了。
山中の緩い変化球に打たされた打撃結果となりました。
打てそうで捉えきれないという感じでしょうか。


6回表は山中を攻め立てて、戸柱の2ラン、梶谷のソロという二者連続本塁打で
1点差まで追いやりましたが、6回の山中はバテバテでしたからね。
スワローズベンチも山中を引っ張り過ぎ。5回までが限界でしょう。



スワローズリリーフ陣の好投光る

先発山中の後を受けた近藤一樹、7回の松岡、8回の石山、抑えのルーキと
スワローズのリリーフ陣が完璧の投球を見せました。


石山、ルーキの投球も素晴らしかったですが、特に7回にマウンドへ上がった
松岡の熱投を取り上げたい。


7回表
筒香 2-2から146kmストレート 空振り三振
ロペス 3-2フルカウントから 外角のフォークで空振り三振
宮﨑 1-1から 中飛


まずマウンドでの松岡の鬼気迫る表情が印象的でした。
ベイスターズのリリーフ陣に欠けている何かを松岡は持っていますね。


今回はロペスに対する配球の組み立てが見事でした。
初球空振り、2球目ファールで簡単に0-2と追い込んでからは、徹底して
ロペスの苦手である外角低めにフォークを連発。3-2になっても
最後は振ってくるだろうという見立てのもと、ボールゾーンへフォークを
投げ切って空振り三振です。



全く打てる気がしない 代打:後藤 武敏

出てきましたね今回の試合も。8回表二死無走者の場面です。
石山が投げた初球、133kmの逆球で中に入ってきたボールを空振りした時点で
勝負あり。2球目のフォーク空振り、最後はスライダーを引っ掛けて二ゴロです。
これで1軍では10打数ノーヒット?だと思います。
現状では代打要員として1軍ベンチに置く必要がありません。代わりに若手を
上にあげた方がよろしいかと思われます。


とりあえず、今回の試合に関しては以上となります。


(了)