2017.8.13 DB × T (17回戦:横浜)

横浜DeNA × 阪神(17回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)濱口 (T)松田
スコア:DB 8-2 T


(責任投手)
勝:濱口(7勝4敗)
敗:松田(1勝2敗)
S:


(バッテリー)
T:松田、藤川、岩崎、メンデス、石崎ー梅野
DB:濱口、三上、平田、三嶋ー戸柱
  
(本塁打)
T:
DB:筒香18 19


(スターティングメンバー)


  【 Tigers 】       【 BayStars 】
(中)俊介      (中)桑原
(二)上本      (二)柴田
(左)大山      (左)筒香
(一)ロジャース   (一)ロペス
(右)中谷      (三)宮﨑
(三)鳥谷      (捕)戸柱
(遊)大和      (右)梶谷
(捕)梅野      (投)濱口
(投)松田      (遊)倉本


視聴環境:BS-TBS



約4週間ぶりの先発登板で7勝目をマーク 濱口 遥大 投手

6回 102球 被安打5 奪三振8 与四球1 自責1


2回表、大和の中犠飛による1失点のみに抑える好投、課題だったフルハウス投球は
未だに散見されるものの、与四球は1つ。フルカウントから決め球のチェンジアップで
打ち取ることが出来たのが大きかったと思います。


とはいえ、初回と2回の投球は5-6回まで3点以内に抑えられるかどうか危うい
内容だったのは確か。
初回は先頭の俊介にストレート一本でボール先行。(結果:遊ゴロ)
3番大山には1-1からど真ん中のストレートを投げて、左中2塁打。
ストレートの制球に安定感がなかったので、そこをゲームの中で修正しきれないと
先々のイニングの投球が厳しくなるとは思いました。
4番のロジャースには、チェンジアップを3球続けて空振り三振。最後の球は
低めに落ちるいいボールでした。


しかし、その決め球であるチェンジアップの制球が甘くなったのが2回表の
投球。
まず先頭の中谷に、四球を出します。チェンジアップが抜けた様なボール。
6番鳥谷は、1-2と追い込んでから、右安打を打たれます。これで無死1・3塁。
2ストライクと追い込んだチェンジアップは空振りを取れたいい球でしたが、
ヒットを打たれたボールは、チェンジアップが真ん中に入ったもの。
7番大和には、ストレート勝負でセンターへの犠牲フライを喫します。
あっさりと先制点を奪われました。
8番梅野も、1-2と追い込んでからのチェンジアップが甘くなって遊撃内野安打。
9番松田 犠打失(三振)で二死1・2塁
1番俊介 空振り三振 ここでは初球にインハイのストレートを見せておいて、
以降はチェンジアップの連投。最後はいいところへ落ちてきました。


3回からはストレートと変化球の制球が定まり、投球に安定感が出てきましたが、
4回表にもう一山。改めて初回から濱口の投球内容を振り返ると、ピンチの連続
ですな。


中谷を中飛、鳥谷を遊ゴロと2アウトを取った後、大和には0-2と追い込んでから
捕手が構えた所とは別のところへいく逆球を投げて右安打。
続く梅野には、3-2フルカウントからインハイのストレートを投じて中安打。
これで二死1・3塁。
代打の北條は、得意のチェンジアップで空振り三振。


ということで6回まで102球。肩の違和感が癒えて約1か月ぶりの一軍登板、
ランナーを背負いながらも1失点でまとめたこと、無駄な四球を出したのは
一度だけ、3回以降はチェンジアップのキレが抜群だったことを考えれば、
よく頑張って投げたと評価していいと思います。


しかし今回は、持ち球の一つであるカーブをほとんど投げていなかったのは
気がかりです。
濱口のような左腕から150kmのストレートを連発する投手は、緩急を付ける
意味でも緩い変化球を一つでも多く投げられるようにすることが重要です。
今後も先発ローテーションで安定して勝ち星を積み重ねていくには、
制球力を上げていく事と、カーブの精度に磨きをかけることが課題となります。
今年の今永が好調なのは、去年以上にカーブを有効に使って投球の幅を拡げて
いるからです。その辺も踏まえたさらなるレベルアップを、濱口投手に期待します。



筒香連発! 18号・19号

4回裏 岩崎の外角高めストレートを逆方向へ運ぶ18号2ラン。
6回裏 メンデスの真ん中高めスライダー系の球を捉えた打球は、バックスクリーン
直撃の19号2ラン。


久々といいますか、今年初めてではないですか。筒香らしい本塁打は。
共に甘い球だったとはいえ、去年何本も見た規格外の本塁打が見られて、
筆者は感無量であります。2本目の本塁打なんか打った瞬間、胸が熱くなりましたから。
本塁打で人を感動させる筒香はやっぱ凄いわ。


前回の試合では、能見の厳しいボールもホームラン打っているし、本来の打球が
飛んでいるので、今度こそ復調と見ていいのかどうか。
最低でもシーズン終了までに、30から35本の本塁打を打ってほしいと願います。



タイガース5番手 石崎 剛 投手

対戦球団ながら気になる投手なので取り上げます。
筆者が石崎投手を映像で見るのは初めてです。
スリクウォーターとサイドの中間のようなフォームで投げる投手。
やや横手から155kmという速いストレートを投じます。これだけでかなりの
アドバンテージであるのですが、さらに大きく曲がるスライダーとカット系の
球を放ります。コントロールも速球派にしては悪くない。
典型的なパワーピッチャーで、中継ぎに適性ありと見ました。
先々で勝ちパターンの中継ぎで故障者や不調気味の投手が出てきたら、
石崎を加えると面白いと思います。敗戦処理では勿体ない投手ですね。


近代野球はいかに充実したブルペン陣を揃えるか否かにかかっているので、
こういうパワー型の投手が数多く揃っているタイガースは、やはり、ペナントを
優位に戦えるし、チーム防御率12球団No.1の秘訣だと思われます。


(了)