マルハ大洋スポーツ(ストーブリーグ突入版)

セリーグファンの為のコミニティ新聞です

2017.8.15 DB × D(横浜)※雨天中止

※画像はTVKテレビ公式ツイッターからパクリました。
 筆者はツイッターやってませんけど。



本日の試合は雨天中止

となりましたね。横浜地方は結構な雨だったようで、15時30分ころに早々と
中止が決定致しました。
今日は1軍では5度目の登板で、今度こそプロ初勝利を期待したかった、
飯塚 悟史投手の先発が予定されていたので試合の開催を楽しみにしておったの
ですが、悪天候だから仕方がありません。


飯塚投手は登板はなくても明日には1軍登録を抹消されると思うので、
代わりにファームから昇格してくる中継ぎ投手が誰なのか注目です。
候補としては、ファームで5セーブ、防御率1.56と数字を残している
藤岡 好明投手あたりでしょうか。
現時点でのベイスターズ先発陣は、ウィーランド、今永、石田、井納、濱口と5枚
揃っていて、6人目の先発が週替わりに替わるという流れですね。
その6番手の先発が投げた翌日に1軍登録を抹消、ファームから中継ぎを補充する
というベンチワークがしばらく続くものと思われます。
投手13人枠の関係もあって、先週に加賀をファームへ落とさざるを得ない状況に
なってしまったのは、中継ぎ陣の層が薄くなってしまうのでチームとして
非常に痛いところだろうと思います。平田はイニングまたぎができるし、
フォークボールを持っているので、下へ落とすわけにはいきません。



後藤 武敏 選手をいつまで1軍で使い続けるのか?

代打の切り札的存在として1軍ベンチ入り後、いまだ13打数でノーヒットの
後藤 武敏 選手。再三にわたって筆者も過去記事で取り上げていますが、
見るからにスイングスピードが遅いので、まるで打てる気がしませんし、
ストレート系のボールに全くタイミングがあっていません。
最近の投手はみんな球が速いですからね。そういう状況下で結果を出すのは
困難ではないかと思われます。
石川や荒波らと並んで横浜高校出身で、地元では結構な人気ではありますけど。
筆者は後藤に対し、西武ライオンズのイメージが強いので、それほどの思い入れは
ありません。
そろそろ見切りを付けて、代わりに若手の佐野や白根に1軍出場の機会を
与えて欲しいなと願うところです。


(了)