2017.8.18 G × DB(18回戦:東京ドーム)② 投球分析編      

梶谷選手の3ランホームランなど、打つ方はみんな頑張れました。


ということで、きのうは内容の乏しい記事を書いてしまったので、
今回はきのうの試合のベイスターズ投手陣投球分析編を行います。
ただし、全ての投手は取り上げません。指摘事項のある投手のみと
させていただきます。



先発 石田 健大 投手

ストレートは140km前後、変化球はスライダーとフォーク中心。
右打者のインコースも投げ込めていましたし、全体的にボールも低めに
集まっていましたので、出来としては普通ではなかったでしょうか。
スライダーが高めに抜けていくボールは、筆者が見た限りではありません
でしたので、丁寧に投げていたものと思われます。


2回裏、ランナーを一塁において長野を迎えた場面。
5球目までずっとインコースを見せておいて、2-2から外のチェンジアップか
フォークを引っ掛けさせて、遊ゴロ併殺に打ち取った投球が印象的。
長野はインコースに難のある打者で、ベースからかなり離れて打席に立っていますが、
腕が長く外のボールにも対応できてしまうので、長野に対してはアウトコースの
ボールで甘くなるのは厳禁。その中で厳しいコースへ投げ切った投球を
評価したいと思います。


4回裏、マギーのソロ本塁打は、フルカウントからチェンジアップがど真ん中へ。
これは失投です。その直前5球目のストレートが際どいところで、ストライクと言って
もらってもおかしくないボール。この判定はちょっと不運か。


6回裏の坂本に打たれたツーランは、2球目、インコースのひざ元へ投げた
スライダー。決して悪いコースではないボール。打った坂本が上手でした。
次の阿部を右飛に打ち取った時点で、平田にマウンドを譲ります。


5回1/3 79球 被安打7 被本塁打2 奪三振4
投球回数、球数ともに物足りないですが、最後の対戦打者となった阿部に対する
ボール、インコースのストレートですが、ちょっと危ない球でしたので、
このあたりで限界でしょう。
一時期よりもストレートの威力が落ちているのが気がかりです。
しかし、シーズン途中に故障で離脱した影響もあると思うので、今後の石田には
快刀乱麻の投球を期待するのではなく、5-6回を3点に抑えてゲームをつくるという
ことに重点をおいてみていく必要があると思われます。



2番手 平田 真吾 投手

6回裏一死から、先発石田のあとを受けて登板。
村田と長野を打ち取る好リリーフを見せました。
平田は僅差リードの場面で救援するのは今季初。よって初ホールド。


村田に対しては初球のスライダーを一ゴロ。
長野には、1球2球とスライダーが外れてボール2になりましたが、低めに
流れていたので問題なし。中飛に打ち取った4球目、147kmのストレートは
力感があっていいボールでした。


平田も登板を重ねるごとに安定感と自信が芽生えているようです。
三上よりも質の良いボールを投げるのと、フォークボールを持っているので、
勝ちパターン時のリリーフ要員に格上げするべきです。



5番手 砂田 毅樹 投手

打たれているパターンは決まっていて、スライダーが高めに浮いて手痛い
一発を喰らってるという形です。
開幕当初からしばらくの期間は、ストレートにも力があり、スライダーも
厳しいコースへ決まっていましたが、リリーフ登板が重なった関係で、
疲労が顕著に表れていると思われます。


もともと先発型の投手で、変化球もカーブ、スライダー、チェンジアップ、
シンカー系と豊富だったのですが、リリーフに配置転換されてからは、
ボールの勢いと打者の芯を外すことに重点を置いたのか、ストレートと
スライダーしか投げなくなってしまいました。


まだ若い投手なので、将来性を考えたら先発へ戻した方がいいと思います。
今季はもう、いまの位置で頑張る他はありませんが、今秋キャンプから
再び先発要員として練習、調整させたほうが今後の為にもいいはずです。
まずは、スタミナの強化と変化球の勘を取り戻すことから始めねばならないので、
かなり困難が伴いますが、砂田本人の将来性を考えると、その方が望ましく
思われます。リリーフとして肩ひじを消耗させて終わりにしては、あまりにも
惜しい逸材です。


(了)