マルハ大洋スポーツ(ストーブリーグ突入版)

                       
                       
                       

26. エレベーターアクション

エレベーターアクション
メーカー タイトー
発売日 1985年6月28日








このゲームは友人家でよく遊びました。
中学生の時には、近所に開店した違法操業っぽい中古ゲーム屋で、
¥1,000でソフトを入手した記憶あり。
その中古ゲーム屋は、1986年ごろ出来て3年くらいでつぶれたんじゃなかったかと。
店員が10代後半くらいで、髪を茶色く染めたいかにもヤバそうなのが何人もいて
異様な雰囲気でしたが。あとは中古ソフトを買うとなぜか、店舗に備え付けの
大学ノートに、買ったソフトのタイトルと、氏名、電話番号を書かせるルールに
なっていましたが、あれは一体何の意味があったのでしょう。


さてエレベーターアクションですが、ビルに侵入したスパイ(主人公)を操作して、
敵の警備と格闘しながら、ビル内にある赤いトビラの部屋に隠されている「機密書類」
を全て回収した上で、ビル最下層の地下1階まで降りて脱走すればステージクリア
というゲーム。


これも非常に良く出来たゲームですね。
エレベータやエスカレーターを使っての移動が実に面白い。
この時代のゲームにしては珍しく理不尽な難易度ではないので、敵にやられても
納得感があるのと、何度でもチャレンジしたくなります。