マルハ大洋スポーツ(ストーブリーグ突入版)

                       
                       
                       

燃えろ!!プロ野球(FC)ロッテオリオンズの軌跡(第2節)

対南海戦





ペナント第4戦 ロッテー南海 7-6
先発(ロッテ)水谷 (南海)山内和
本塁打 袴田1号(満塁) 愛甲2号
戦評:ロッテは初回、袴田の満塁本塁打などで一挙6点をあげるも、
先発の水谷の代え時を誤り乱戦模様。7回裏、愛甲のソロ本塁打が決勝点。




アンダースローの仁科投手


ペナント第5戦 ロッテー南海 5x-3 (延長11回)
先発(ロッテ)仁科 (南海)加藤伸
本塁打 西村2号 愛甲3号 愛甲4号②
戦評:初回、西村の先頭打者アーチを含め序盤から3点を奪い試合を優位に進める。
先発の仁科は6回を1失点と好投したが、7回からマウンドへ上がった小川が誤算。
ハモンドに痛恨の同点ツーランを浴びて試合は膠着状態へ。
延長11回に愛甲のサヨナラ2ランで長い試合に決着を付けた。




ペナント第6戦 ロッテー南海 10-4

先発(ロッテ)村田 (南海)西川
本塁打 佐藤健1号②
戦評:南海は初回、ハモンドの3ランで先制。4回には定岡智秋のソロで中押し点。
理想的に試合を進めるも、ロッテの反撃は7回裏、無死満塁から水上の走者一掃
適時二塁打、佐藤健一の2ランなどで一挙6得点で試合をひっくり返しての勝利。



対阪急戦


ペナント第7戦 ロッテー阪急 4-1
先発(ロッテ)荘 (阪急)佐藤
本塁打 袴田2号
戦評:袴田の先制ソロなどで試合を優位に進めたロッテが、阪急打線を1点に
抑えきっての勝利。先発して6回1失点の荘の好投が光った。




ペナント第8戦 ロッテー阪急 5-2
先発(ロッテ)深沢 (阪急)今井
本塁打 西村3号
戦評:初回、愛甲の2点適時打などで3点を先制し、以降、庄司の適時打、西村の
ソロ本塁打で加点したロッテが危なげない試合展開で連勝。
先発の深沢は5回を1失点に抑える好投。中継ぎ陣も粘りの投球で相手に流れを
渡さなかった。




ペナント第9戦 ロッテー阪急 1x-0 (延長10回)
先発(ロッテ)水谷 (阪急)山田
本塁打 なし
戦評:ロッテ水谷、阪急山田の両先発が奮闘した投手戦。水谷は7回を2安打無失点、
山田は2回と3回に無死満塁というピンチを招きながら、いずれも得点を許さない
粘りの投球が功を奏した。
試合は延長11回裏、先頭の袴田が安打で出塁、次の水上が右中間を破る長打コースの
打球を放ち、1塁から袴田が長躯ホームインでサヨナラ勝ち。


さてこんな調子で80勝到達までやるのか!? 


(了)