マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

弊紙選定 2017年 BAYSTARS BESTGAME 第6位


2017.9.3 DB × G (23回戦:横浜)



独断と偏見で選ぶ、2017年ベイスターズBESTゲームの第6位は、
9月3日の横浜DeNA 対 巨人(23回戦:横浜)です。
今年は夏場以降、ジャイアンツと熾烈なAクラス争いを演じ、対戦カードの
日程も金、土、日が重なり、相手の表ローテ(田口、菅野、マイコ、畠)を
ぶつけられて苦しい戦いを強いられた中で、それでも何とか勝利を収めた試合と
いうのは印象に強く残るものです。従って、BEST10にランクインさせて頂く
試合も必然的にジャイアンツ戦が多くなってしまいます。


さて今回、BEST6位に選んだ試合も、ジャイアンツとの3位争いが熾烈を極めて
いる時期の9月上旬、ベイスターズは当カードで相手先発の菅野と畠を全く打てずに
初戦と2戦目を落として惜敗、前カードのドラゴンズ戦から3連敗中という厳しい
状況下でスタートしたゲームでした。


この日の試合も攻撃陣が、ジャイアンツの先発マイコラスから7回まで11三振を喫し、
散発の4安打しか打てずに非常に重苦しい展開でしたが、ベイスターズ先発の濱口も、
負けず劣らずジャイアンツ打線を8回まで2安打に抑えて、二塁を踏ませない見事な
投球で応えます。8回表終了まで0-0 緊迫した投手戦でしたねー。


そんな中で均衡を破ったのは8回裏、ジャイアンツのマウンドはマシソンが
上がりますが、そのマシソンから、倉本、桑原が連続安打を放って、一死1・3塁の
好機を築きます。
そこで迎える打者は、2番の柴田。カウント2-2からスプリット系のボールを
弾き返してセンターへの犠牲フライ、貴重な決勝犠飛となりました。


9月1日から3日にかけてのジャイアンツ3連戦は、相手の先発が菅野、畠、マイコラス
という流れでしたし、マシソン、カミネロの状態も良さそうだったので、
「こりゃあ、点を取るのは困難だぞ。3連敗も覚悟せねばならない」と筆者は
思ったのですが、3試合目で何とか勝利を収めて、3タテ阻止した安堵感は相当な
ものでした。


ベイスターズ先発の濱口も、連敗ストッパーの重圧を物ともせずに、気合十分の
投球でしたが、4回、6回、8回と先頭打者の出塁を許しましたから、得点につながった
可能性は高かったわけです。全ての機会でジャイアンツ側が犠打失敗によって
好機を逸したのが助かりました。その点でもまさに、薄氷を踏むような試合展開
だったわけです。苦しい中でなんとかもぎ取った勝利ということで、筆者の中では
印象深いゲームとなっております。


(了)