マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

弊紙選定 2017年 BAYSTARS BESTGAME 第5位

2017.5.6 DB × S (8回戦:横浜)


独断と偏見で選ぶ、2017年ベイスターズBESTゲームの第5位は、
5月6日の横浜DeNA 対 東京ヤクルト(8回戦:横浜)です。


この試合の中継はAbemaTVオンリーだったということに加え、序盤からスワローズ
優位の試合展開により、最初から最後まで詳しく見ていたわけではないのですが、
0-5で敗色濃厚の8回裏に、梶谷の満塁本塁打などで5点を挙げて同点に追いつくという
信じられない状況を途中経過で知ってから慌ててAbemaで観戦。
ちょうど延長10回表、山﨑康晃がマウンドに上がったところから見始めましたが、
スタジアムの熱気は最高潮、柴田のサヨナラ打も劇的な幕切れとなりましたので、
シーズン序盤の試合では印象度が高いです。よって5位にランクアップさせて
頂きました。


11回裏の攻撃も見事でしたね。スワローズの秋吉から、先頭の髙城が安打で出塁、
石川が送って、サードの守備固めで途中出場の柴田がカウント1-1から外野前進守備
体形を敷いていたセンターの頭上を越えていくサヨナラ二塁打を打ちました。


この試合で、開幕から借金3から5あたりで停滞していた星勘定も5割復帰。
5点ビハインドながら、最後まであきらめない姿勢が選手から伝わってきたのが
何よりもうれしかったですね。


ベイスターズはこの日以降、6月の終わりまで再び借金を抱える状態になりましたが、
そのうち調子を上げて、オールスター前後までには5割ラインを維持できるだろうという
確かな手ごたえと、今年はドラマチックな試合が増えて楽しいシーズンになるという
期待をもたらした試合だったと言えると思います。


(了)