マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

55. ジャイロダイン (FC)

ジャイロダイン
メーカー:タイトー
ジャンル:シューティング
発売日:1985年3月13日



無味乾燥な雰囲気のシューティングゲーム


このゲームは、中学校1年時のクラスメートだったプクちゃん(仮名)に
ソフトを100円で売ってもらいました。
プクちゃんってのは、天理高校から南海ホークスに入団した藤本博史にソックリ
の顔をした男だったが、ファミコンカセットはたくさん持ってたなー。
さらにプクちゃん家は、オレん家と違って、母親が大変にやさしい人でしてね、
遊びに行けば温かく出迎えてくれたし、ミスターサトーのチョコチップクッキーとか
とんがりコーンなどのおやつも食べさせてくれたよ。
一度なんかチョコレートケーケとコーヒーのセットが出てきて、ぶったまげたことが
ある。感激したなーあの時は。
そんなプクちゃん家も、中2の夏ごろには父親の仕事の関係で、東北へ引っ越されて
しまいまして残念でした。しかし、人様の家庭で供されたおやつの記憶ってのは
そう簡単に消え失せるもんじゃないですね。私だけかも知れないけど。


さてゲームの方ですが、まあなんつーか、BGMもほとんどないし殺風景な内容
ですなこれは。難易度もやたらと高くて先の方へ進めません。
空中の敵はBボタン、地上の敵はAボタンと切り替えながら攻撃せねばならないが、
砲台や戦車等、地上の敵を攻撃するにあたり、目標となる「照準器」が設定されて
いないので当て辛いんですね。これがゲームを難しくしている最大の要因かと
思われます。



ちょうど「ジャイロダイン」が発売された時期に、同じ会社のタイトーから
「ファミコイン」なるファミコングッズも出されました。1ケ200円だったので
私も当時買いましたが、十字キーに貼り付ける為の両面テープの粘度が弱くって
すぐにはがれてしまい、全く使い物になりませんでした。


(了)