マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

56. アーガス (FC)

アーガス
メーカー:ジャレコ
ジャンル:シューティング
発売日:1986年4月17日



ジャレコ社迷走の端緒となった作品

というふうに勝手に思っているわけですが、この作品以降、ジャレコから
発売されたファミコンソフトは質の悪いものが多くなっていった印象です。
まあ今回の「アーガス」はシューティングゲームとしては、そんなに悪い出来では
ないですが、面白かったかと言えばそうでもないですね。
ソフト自体は20年くらい前に、中古で¥700くらいで買った記憶があります。


筆者がこのゲームを最初に遊んだのは、小学校5年生の時で、ちょうど同じ市内の
別の地域へ引っ越した時期でもあるのですが、その引っ越した先にあった理髪店に、


ファミコン内蔵テレビ「シャープC1」がありました。
カートリッジ装填部には「アーガス」が差してあったので、一度遊んでみたかった
ゲームということもあり試してみましたが、予想よりも面白くなかったですね。


ちなみにその理髪店には2度と行っておりません。店主のカットの腕前がイマイチ
だったのか、同級生のサイトー君のお母さんみたいな「オカッパ頭」にされて
しまい、筆者自身はそんなの頓着しないからどうでも良かったんだけど、
ウチの親が「そんな床屋二度と行くな!」とかうるせえもんだから、それ以降
足を運びませんでした。ファミコンがある床屋というのも気に入らなかったのでしょう。



画面上、グレーに色づけされている構造物にぶつかると自爆する。
自機が破壊される構造物とそうではないものと区別がつきにくい。



一定の条件を満たすと無敵になるが、なぜかロボット状態に変わる。



最初のボス敵ですね。これを突破すると確か、空母へ帰還する場面があったと
思いますが、これ着陸の操作が難しくて上手くいった試しがありません。


(了)