無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

弊紙選定 2017年 BAYSTARS BESTGAME 第3位


2017.6.4 DB × H (3回戦:横浜)


独断と偏見で選ぶ、2017年ベイスターズBESTゲームの第3位は、
6月4日の横浜DeNA 対 福岡ソフトバンク(3回戦:横浜)です。
確かこの日は地上波での中継もありましたが、試合開始から終了までAbemaTV
での観戦。


交流戦に入り、ファイターズとの第2戦から4連敗中、横浜でホークスを迎えた
初戦と第2戦は、ベイスターズの先発、クラインと平良が初回からつかまって
早々とゲームを壊して敗戦する厳しい展開。もしこの試合に敗れると、シーズン初の
同一カード3連敗を喫するのみならず、例年苦手としている交流戦で再び
大きく負け越すような状況に陥ることも予想されましたので、非常に価値がある
勝利だったと思います。


この日のベイスターズ先発は今永でしたが、初回、先頭の川島慶三に四球を
出した時は「また今日もいきなり先制を許すのか?」と暗雲垂れこめた気分に
なりましたけど、続く今宮が犠打で送ってアウトを一つ献上してくれたのは、
今永にとっては一息付けたという意味で大きかったのではないかと思います。
3番柳田は四球、デスパイネはかなり大きな当たりの右飛。
この辺まではとても初回を「0」で切り抜けられるとは思えませんでしたが、
5番中村(晃)を空振り三振に仕留めたストレートは素晴らしいボールでした。


一方、攻撃面では、ホークス先発の千賀から初回にロペスが2ランを放って先制。
千賀も立ち上がりの状態は決して良くはなかったですが、2回以降は持ち直して、
「お化けフォーク」も有効に決まりだして以降はベイスターズ打線も攻略に苦慮
していただけに、序盤の不安定なうちから、まずは先制点を叩き出せたのは
チームの勢いを引き寄せる意味でも価値のある攻撃となりました。


試合の方は今永が4回表、松田に3ランを浴びて、一旦は劣勢に立たされますが、
再びゲームが動いたのは6回裏。


その6回裏も、桑原が見逃し三振、梶谷は二塁手の失策で出塁するも、ロペスは
空振り三振で2アウト。次は4番の筒香ですが、この時期の筒香は極度の打撃不振、
過去の打席も千賀に全く合っていない感じでしたので、マイナス思考にして、
常に最低最悪の事態を想定するクセが身に付いている筆者は、
「この回も無得点、7回以降はホークス勝利の方程式が登板して、逆転して勝利を
収めるのは困難だろう」と半ば試合を投げてしまったわけです。


ところが、不振の筒香を迎えた段階で、千賀も必要以上に警戒したのか、
四球で歩かせてしまいます。二死で1・2塁。このあたりから試合の流れは
ベイスターズに傾きかけたか。


5番の宮﨑に対しては、ボールカウントが2-2の時だったかなー、フルカウントの
時だったか細かいことは忘れましたが、千賀が投げた真ん中低めのフォークボール。
これが非常に際どいコースで、見ていた筆者は一瞬「見逃し三振だー!」と思った
ものの判定はボール。
打席に立っていた宮崎が後日、「ボールを見切ったのではなく、手が出なかった」
と言及していたようにボール自体も素晴らしかったのは確か。


結果、宮﨑は四球を選んで二死満塁。
ここで迎える打者は、今年、満塁では14打数6安打 1本塁打 打率.429と
滅法強かった戸柱です。
戸柱はカウント1-2からの4球目をセンター前へ弾き返し、逆転の2点適時打と
なりました。まさしく値千金の一撃でしたが、打球が中前へ抜けて行った時の
うれしさは半端なものではありませんでした。


そのあとは、パットン、三上、山崎(康)がランナーを一人も許さない完璧救援。
特に7回表にマウンドへあがったパットンは、3者連続三振に抑える見事な投球を披露。
4連敗中の嫌な流れを完全に断ち切る快心の勝利に、胸を躍らせる一日となりました。


(了)