マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

80. エレクトリシャン (FCD)

エレクトリシャン
メーカー:ケムコ
ジャンル:アクション
発売日:1986年12月26日



ケムコ帝国万歳

「ケムコ」っていう、ヘンテコな名前のメーカーから出された、ファミコン
ディスク用のソフトです。
こちらもファミコンの中では、かなりマイナーな部類に入ります。1986年当時、
筆者の友人も誰一人持っていませんでした。筆者自身も、2002年頃に中古ゲーム店
で入手するまで知りませんでした。


ちなみに「ケムコ」社ですが、ファミコンその他、家庭用ゲーム機では結構な数の
ソフトをリリースしている老舗の会社です。大半は他国製のゲーム(洋ゲー)の
ローカライズ作品でした。名前ヘンテコですが、現在もしぶとく存続しています。
本社はまだ広島にあるのかな?地元では結構有名な会社かも知れませんね、
かつては、焼き肉店の経営にも関わっていたそうです。


そんなゲームメーカーではありますが、筆者が「ケムコ」製で遊んだことがある
タイトルは、今回の「エレクトリシャン」、以前紹介した「ダウボーイ」、
スーパーファミコンの「トップレーサー」、他にあと2点くらいあったと思います。



エレクトリシャン ゲームの内容

地震により大規模な停電に見舞われた北米全土を駆け巡り、各都市の電力を回復
させていくゲームです。



ハシゴを使って、ビルの最上階まで全てのフロアの電気を復旧させるのが
目的です。Bボタンを押しながら左右ボタンで移動しつつ、上下ボタンで
フロアのポイントに繋げてやると電気が灯ります。



こんな感じですね。電線を引っ張っていく作業は結構面白いです。
ハシゴからフロア フロアからハシゴへ飛び移る際のジャンプ操作が
ちょっと難しいのが難点ですが、ゲームとしては風変りだし、なかなか
愉快な内容です。



途中でこんな尺取虫みたいな敵も現れます。敵は基本、ジャンプで避けるのみ。
ボーナスアイテムを取得すれば、踏んでやっつけることも可能。



最上階まで明かりを灯せば、一番下の階に「出口」が現れるので、
そこに到達でステージクリア



別の地域への移動は、地下迷路を伝って進んで行きますが、ここも敵が出てきたり、
若干のパズル要素があるので、本編とは違った趣のゲームが展開する。



次のビルですが、最初のステージと違って、配線の構造が複雑になってきます。



このゲームが発売された1986年は、ファミコンは儲かるという事で様々な会社が
ソフト開発に参入し、出来の悪いゲームソフトが乱発し出した時期なんですね。
そんな中で今回の「エレクトリシャン」は佳作として貴重な存在だと思います。
個人的にはゲーム中の雰囲気も含めて、お気に入りですね。
版権その他の問題もあって、リメイクは難しいのかな。このまま埋もれさせてしまう
には惜しい作品であることは間違いありません。


(了)