マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

110. じゃりン子チエ ばくだん娘の幸せさがし (FC)

じゃりン子チエ ばくだん娘の幸せさがし 
メーカー:コナミ
ジャンル:アドベンチャー
発売日:1988年7月15日



グラフィックが神レベルのアドベンチャーゲーム

「じゃりン子チエ」って関東地方では、あまりテレビ放映されなかった
アニメではないかと思います。やんちゃな女の子が主人公のお話ですので、
筆者もさほど興味を引かれたわけではなく、子供の頃に、少し目にした程度です。
まわりもタイトルは聞いたことがあるけど、詳しい話の筋は知らない子が大半
だったと思います。よって、発売当時、クラスメートでこのゲームを持っていた子は
いません。なので今回も当時友人系バカエピソードはナシです。次回は「スーパー
マリオ3」の時にバカエピソードが満載なので、乞うご期待下さい。というほどの
もんでもないけど。


ゲームソフトについては、社会人になりたての頃に、秋葉原のレトロゲーム店を
ウロウロしている最中に見つけて、「そーいえば、むかし、そんな漫画があったな」
と懐かしい感じがしたので、箱・説付の中古を入手。そんなに出回っているソフトじゃ
ないので¥3,000くらいしたように思う。



















筆者は「第1章」のここから先が進めません。
腰を痛めたおばあちゃんを、ハリの先生に見せるために、紹介状をもらわなければ
なりませんが、その紹介状を小学校の担任から入手するためのフラグが立てられずに
あきらめました。


ご覧の通り、グラフィックの出来栄えが凄いです。漫画の雰囲気を損なうことなく、
ファミコンでよくここまで描画できるなと感心致します。
アドベンチャーゲームとしても非常に面白い内容ですね。
これ原作ファンの方なら、最後まで楽しく遊べるゲームなんじゃないかと思います。


(了)