マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

121. ゴジラ (FC)

ゴジラ
メーカー:東宝動画
ジャンル:シミュレーション、アクション
発売日:1988年12月9日



タイトル画面といい、カートリッジのラベルといい、やたらと「ゴジラ」の文字が
デカいですな。特にカートリッジラベルの方は、もうちょっとデザインなんとか
ならなかったものか。


このゲームにつきましては、中学校3年時のクラスメート、ギガース・オーガ君
(仮名:既出)に借りて遊びました。過去記事で既に2度登場、大麻所持で
日本プロ野球界から追放処分を受けた、近鉄のリチャード・デービスみたいな
顔をした人相の悪い子でしたね。学校内での素行も悪かった様な記憶が。
どちらかというと不良グループに属していたから、こちらとしては、特に仲が
良かったわけでもなく、悪かったわけでもなくでした。取り立ててエピソードも
ありません。よってご登場は今回が最終ですね。だが一つだけ、内容的に
くだらないですが、ギガース・オーガ君のトピックを取り上げますと、6月の
京都修学旅行での最中に、宿舎の朝食で供された乳酸菌飲料を、自分の分まで
勝手に飲まれたとか何かで、同じくクラスメートのカナリンゴ君と突然、
ストリートファイトをおっ始めたことですねー。さしずめ両者ともに「ヤクルト
パーンチ!」てな感じでしょうが、意味が分かりませんな。申し訳ない。


で、格闘を止めようと、隣のクラスの担任、ヤマパンおばさん先生(仮名:新登場:
担当科目=理科)が必死に割って入った勇気に感激しましたね。ええ、あれは
大したものでした。ヤマパンおばさんは当時、30代後半で現在の筆者よりも若い。
ですが容貌は60代くらいに見えました。ただ大変パワフルな方で、筆者の5000倍は
腕力があったが故の対処でした。ギガースとカナリンゴの「ヤクルトパンチ」応酬を
遠巻きに傍観していたに過ぎない筆者は、その姿を見て、良心の呵責に苛まれたかと
いうとそんなことはありません。この二人はしょっちゅう喧嘩をしていたので、
まーた始まったという感じですね。


さて、ギガース君から今回の「ゴジラ」を借りた経緯ですが、こちらから、
ファミコンディスク本体とボウリングのゲームを貸与した見返りに、ファミコンソフト
5本を借り受けたうちの1本です。5本のうち、「忍者ハットリくん」「じゃじゃ丸大冒険」「ゴジラ」の3本は記憶していますが、残り2本のタイトルが思い出せません。





ゲームの話に移りますが、オープニング画面は凝っていますね。



このようなシミュレーションパートと



横スクロール型アクションを繰り返しながら進行させるゲームですが、
筆者はいまいち仕組みが理解できなかったので、あまり遊びませんでした。
「ゴジラ」自体、ほとんど知らないというのもありますので。
ただ、グラフィックやサウンドのレベルは極めて高く、原作に関心のある方で
したら、面白く遊べるゲームなんだろうと思います。


(了)