マルハ大洋スポーツ

                       
                       

125. グラディウスⅡ (FC)

グラディウスⅡ
メーカー:コナミ
ジャンル:シューティング
発売日:1988年12月16日



銀色のパッケージが神々しかった、ファミコン史上最強横スクロールSTG


これは中学校1年時のクラスメート、ミスターイトウ君が持っていた為、一時期、
イトウ家における毎週土曜企画「TVハミコン大会」の指定ソフトになりました。
まー、とにかくグラフィックの描画レベルが高過ぎて、ビックリしました当時は。



特にステージ1の途中「人工太陽」が出てくるところなんかヤバイですね。
これファミコンの限界を超えてんじゃないかと。
比較するのはナンセンスかもしれませんが、90年代中期に出た、初代プレステの
ガチャガチャポリゴンの汚いグラフィックは一体何だったのかと思いますね。


シューティングゲームとしては極めて難易度が高かったですが、キレイな画面を
見たかったので何度でもチャレンジしました。
筆者は横スクロールSTGが苦手の為、ステージ3まで到達するのがやっとでした。
こういう難しいゲームをサラっとこなせるような人間になりたかったものです。


あとは、社会人になった時期に、箱・説明書付きの中古を買おうとしたら、
¥5,000くらいしたので入手を躊躇したことですね。欲しかったんですけど、
どうせ買うなら、銀色の渋いパッケージ付じゃないと嫌なので、未だに入手できて
いないのが心残りではあります。




Nes: Gradius II Soundtrack


もちろんコナミなのでサウンドも優秀。
個人的には「人工太陽」が出てくるときのBGM「Burning Hert」とゲームオーバー
がお気に入りです。


(了)